CROSSROADS×Nagasaki  -クロスロード×長崎-

異国文化が交差した長崎を科学と情熱で探究

島原の子守り唄

島原の子守り唄

おどみゃ島原の おどみゃ島原の
ナシの木育ちよ
何のナシやら 何のナシやら
色気ナシばよ ショウカイナ
はよ寝ろ泣かんで オロロンバイ
鬼(おん)の池ん久助どんの
連れんこらるバイ

帰りにゃ寄っちょくれんか 
帰りにゃ寄っりょくれんか
あばらやじゃけんど
唐芋飯(といもめし)ゃ栗ん飯
唐芋飯ゃ栗ん飯 黄金飯(こがねめし)ばよ
ショウカイナ
嫁ごん紅(べん)な 誰がくれた
唾つけたならあったかろ

沖の不知火 沖の不知火
消えては燃える
バテレン祭りの バテレン祭りの
笛や太鼓も鳴りやんだ
早う寝ろ泣かんでおろろんバイ
早う寝ろ泣かんでおろろんバイ


これを書くにあたって、倍賞千恵子さん、吉幾三さん、藤圭子さん、塩田美奈子さん、森昌子さん、小柳ルミ子さんなど、可能な限り聴き比べました。

心に響くのは、ホントにボクの主観なのですが、間違いなく倍賞千恵子さんでした

倍賞千恵子



なぜなら、この唄は「歌」でなく、子守「唄」だからです。子どもが眠りにつく時、誰のが一番心地良いのか、これを基準に聴き比べました。
他の人は普通に上手な「歌」に聞えました。しかし、倍賞千恵子さんのはちゃんと「子守唄」なのです。

ボクは「男はつらいよ」が邦画のバイブルなので、確かに主演を務める倍賞千恵子さんにはかなりバイアスがかかった見方をしているのかもしれませんが…。

この唄を作ったのは宮崎康平ですが、彼は南旺土木をやりながら島原鉄道専務になっています。
父:徳市が心血注いだ島鉄だったので、ここへ入ることが念願でした。
そして、オンボロの客車を修理して走らせて、昭和天皇のお召列車まで迎えています。

観光ブームの折から、宮崎は家庭を顧みることなく働きます。そうして、過労で倒れ、失明しました。
そうして、妻に去られた宮崎の人生は大きく変わりました。

「私は戦後女房に逃げられました。母親を慕って泣く赤ん坊をあやしながら、私はいつしかオロロンバイと唄っていました。それが島原の子守唄になったのです」と、彼はこのようなことを婦人会の講演などで話していたそうです。

しかし、彼がこの唄を創作した背景には、もっと哀しい根っこがありました。

当時の島原半島や天草の人たちは貧しかった。

「唐(から)ゆきさん」

貧しさゆえに人買いに買われていった、娘たち。
シンガポールやジャワ、スマトラ方面まで出掛けていったそうです。
この唄の底流には、宮崎がここで見聞きした、闇の事情があるのです。

島原に残っていた「唐ゆきさん」は、悲惨な渡航の状況をこう語っています。

「まっ黒か石炭船ん底ですたい。そるこそ腰巻一枚で、ピロウな話ですばってん、クソも小便もたれっぱなし、おそろしかっとひもじかっとでふるうちょる私たちば、ふとか外国の船乗りたいが、うつりかわり抱きくっとですたい」

目的地に着いてからも彼女らの地獄絵図は続きます。
夜に紛れて荷物同様に荷揚げされた娘たちは、密室に閉じ込められるのです。

ここではじめて食べ物が与えられます。
初めはパン、カレーライス、ビフテキといった具合に、だんだん上等なものになっていく仕組みです。
それは、この娘たちの食いつく様子を見ている西洋人たちのテストでした。

つまり、最後まで食い意地をはらず、食べ物に手を出さない娘に高値が付けるためです。
日本と違って、強情な娘ほど粘り強く働くと見ていた楼主たちの合理主義的な経営哲学なのです

歌詞の中にあらわれる「鬼池の久助どん」も人買いのひとりなのです。

作家の創作した意図の根底に、当時の島原の貧困と自分の悲哀とが交錯した、こうした視点も加えてこの唄を聴くといたたまれません。

「ながさきの民謡」 長崎新聞社編 を参考に書きました。


テーマ:歴史大好き! - ジャンル:学問・文化・芸術

長崎のうた | コメント:0 |

月琴唄 ―丸山を濡らす旋律―

月琴唄

みよみよ 我に賜ひし九連環を
九つ九つ連る鎖の指輪
もろ手かけても解きほどかれぬ
小刀で切りても割きかねる
ええ なんとしょう      (九連環)

春は牡丹に蝶したい
迷い迷うてあちこちと
遂に夫婦となりにけり    (四季)

春は三月風頭
金比羅まいりのにぎやかさ
野に出て遊ぶ人々も
酒のきげんでハタあげる
おすやら引くやらくれるやら
ハタげんか 帰りは空びょうたん
家のみやげはおとしごめ  (紗窓)

なんのかんの だまくらかして
うちが知らんつもりへ
みんな知っとるばの
こないだも彦山やまの月の暁
あんなんと出島ばさるいとる
いいえ この目で見たも
んあんた 勝手ばかり
うちはさびしかと       (水仙花)

「ながさきの民謡」長崎新聞社編(1969年)より

月琴を弾く女性(1886年、アドルフォ・ファルサーリ撮影
<月琴を弾く女性>(1886年、アドルフォ・ファルサーリ撮影)

水仙花、リアルに聴いてみたい。丸山の「長崎検番」に取材行こう。





長崎のうた | コメント:0 |

伊王島の子守唄

<伊王島の子守唄>

馬込の浜の番人が
四つ竹もって テボさげて、
あんまりおしを女が泣きこがれ
えっと泣くなよみやげやる
びんのかたびら すすの帯
こたてしてから 花よめご

舟はつっかげ船頭さんはちんば
表のカジ取りゃ二度ちんば

打たれ叩かれやぐらだいこ
打たれながらもおもしろい

えっとそしるなよ人のことそしるな
人のことそしれば憎まれる

いっちょこよいよい
言うてねえらす子を
乳を飲ませて たたきねや

おまやどこの人私見て笑う
私も見てやる笑うてやる

つらにっか子はまな板にのせて
なますきざむよにざくざくと

おどまいやばい嫌われてから
二度とあの家のしきゃ越えぬ

親のめし食て他人の飯は
イゲはなけれどノドに立つ

伊王島古写真 馬込教会
「教会がそびえる馬込」

その名の由来として、昔こんな本の記述がある。

「俊寛僧都の配流せる所は此いはふ島なり。異本平家物語に、彼杵郡のいはふ島なるよし見えたるとかや、子いまだ異本をみざれば募りて云がたし、常の説の如くば歌にも薩摩がた沖の小島とよみたれば此島にはあらざるべし、されども彼杵郡は平氏門閥の領にて殊に資盛の領所多しといえば、俊寛等を痛はり此いはふ島におきて、遠き薩摩の沖なるおうに都へは聞へ置し事もあらんか、此島の前原薩摩につづきていと近く、ましてこの島にいにしへは温泉ありしといえば、硫黄もありしならん、然らば硫黄と祝ふといづれが本の名なる事を知らず」
「長崎話草」西川如見


いずれ、その名の由来、つきとめてみせます!







テーマ:詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など - ジャンル:学問・文化・芸術

長崎のうた | コメント:0 |

端唄「春雨」 長崎の花街情緒薫る名歌

「春雨」

春雨に
しっぽり濡るる 鶯(うぐいす)の
羽風に匂う 梅が香や
花にたわむれ しおらしや
小鳥でさえも 一筋に
ねぐら定めぬ 気は一つ

わたしゃ鶯 
ぬしは梅
やがて身まま 気ままになるならば
サァ 鶯宿梅じゃ ないかな
サァサ 何でもよいわいな

作詞者:肥前小城の藩士 柴田花守
節付け:丸山の遊「女おかつ」

春日芝きみ さんの素晴らしい演奏は↓





長崎のうた | コメント:0 |
| ホーム |