CROSSROADS×Nagasaki  -クロスロード×長崎-

異国文化が交差した長崎を科学と情熱で探究

出島表門橋開通記念! みんなで学ぼう、 オランダ 6

オランダを知るにはキリスト教史を詳しく知ろう~!
ということで、16世紀初期までのヨーロッパにおけるキリスト教事情です。

みなさんも中学校で習ったことでしょう。

1517年、ルターが「95か条の論題」という文書を発表し、「宗教改革」が始まりました

Lucas_Cranach_(I)_workshop_-_Martin_Luther_(Uffizi).jpg
ルーカス・クラナッハ画(1529年)
<DATA>
マルティン・ルター(Martin Luther)
1483年11月10日 - 1546年2月18日 (62歳)

この内容を「世界史B用語集 山川出版」によれば、

魂の救済は福音への信仰のみによるという確信から、贖宥状(しょくゆうじょう)と魂の救済とは無関係であることを主張した

とあります。

ここでいう「贖宥状」というは、別名:免罪符(めんざいふ)とも呼ばれるもので、これも同用語集によれば、

「罪のゆるしが得られた印として、カトリック教会が発行する証明書(符)。教会に寄進(寄付)した者も罪が許されるとして販売された。とくに16世紀初め、サン=ピエトロ大聖堂の建築費を捻出するために、国家的統一の遅れているドイツで、教会から認可を得られ豪商フッガー家を通じてさかんに販売されたことが、ルターらの怒りをまねき、宗教改革の原因となった」

と、書いてありますが、さっぱりこれではルターがなぜ怒ったのか内容がわかりません。なぜなら、当時のローマ・カトリック教会がどれほどの悪事を働いていたのかが想像つかないからです

そもそも「改革」って何? と、ボクは学生の頃ずっとナゾのままでした。

「改革」、辞書で確かめてみました。

大辞林 第三版の解説
かいかく【改革】 ( 名 ) スル
①基盤は維持しつつ、社会制度や機構・組織などをあらため変えること。 「役所の機構を-する」
②よりよくあらためること。 「お花は家政の-を名として/姉と弟 お室」


・・・なるほど。てことは、後もキリスト教を基盤にしているので、①に該当しそうです。問題なのは、AからBへとあらため変えること、という時の「B」がルターなので、「A」がどんなだったかを知る必要がありますね。ボクは初めの大学時代、ひたすらこの「A」を調べたのです。

まず、当時の神聖ローマ帝国を表わす言葉に、「ローマの牝牛(めうし)」というのがあります。
「出島表門橋開通記念! みんなで学ぼう、オランダ 4」で書いたように、神聖ローマ帝国はイタリアを乗っ取ろうとして、国内はなおざりになっており、まとまりがありません。この留守を狙う形で逆にカトリック教会から搾取されていたので、牛が乳を搾り取られることのたとえとして、こう呼ばれたのです。具体的にはこんな感じです。

ドイツ農民 「オレたちって、何のために生きてんだろうね。だってよ、種をまけば全部教会の坊主どもが持ってくだけだしよ。奴らと戦う角も持ってねえし、まるで牝牛だぜ」

当時のこんな趣の歌が実際残っています。

こうした事情を示す様々な文献も残っており、ここで、前回お話しした科学的な見方とても重要です

当時のカトリック教会の連中が教皇の権威を盾にやっていたこと。

そのひとつが「魔女狩り」です。

どう魔女だと判定するかといえば、

1:容疑者の手足を縛って水の中に投げ込む。

2:聖なる水に反発して浮かび上がれば有罪、沈めば無罪となる(当たり前ですが、沈めば死にます)。

3:浮かび上がって魔女だと証明されると、「お前やっぱ魔女だー!」となって火刑です。

4:財産は教会がすべて没収。
(この最後4の仕上げからして、魔女狩りと言いながら、実態は男性の資産家がターゲットになったケースが多いようです)

Ordeal_of_water.jpg
魔女狩り判定 「水の審判」図

他にも西洋の拷問方法は、とてもこのページでは表現できないので、いちお・・・ですが、その方法をまとめたサイトのリンクを貼っておきます。その方法が多様過ぎて、「お前らこれ、もはや趣味だろ!」と思ってしまうほどです。日本人にはちょっと思いつかないかな…
ちなみに、「魔女狩り 方法」と検索したらトップにあるサイトですが、凄惨過ぎる描写ばかりなので自己責任でどうぞ。
               ↓
「ヨーロッパの拷問方法・処刑方法【古代/中世/近代/異端審問/魔女狩り】」

もう一つ軽い(と言っては問題かもしれませんが、ガチで他と比較して相当「軽い」のです)例に挙げると、司祭が村にいる美人の女の子を手籠めにした挙句、それが発覚されることを恐れて、この「魔女狩り」裁判を行って火あぶりにする、といったことなどが日常茶飯事に行われていた時代だということです。

また、今と違って教育のシステムがなかった時代は人々に物事の正しさを客観的に測る基準などありませんし、教会はそんな人たちの知識がないことをいいことに、好き勝手にデタラメなことを行っていた時代でした。同じヨーロッパ人に対してもコレですから、様々な資料が語るように、いわゆる「新大陸」の、いわゆる「インディオ」達への行為に対する罪の意識などまるでありません(※「ポルトガル人はなぜ日本に来たの?」に答えられますか? 3」参照)。

これほどの絵画や資料が残っているんで、今更申し開きは出来ないでしょうが、高校までの世界史では教育的配慮から、さっぱり学ぶことが出来ないのです。もちろん有色人種に対する人権などといった観念は全く存在しません。

こうしたカトリック教会の悪行の一つが、「贖宥状」なのです

あまりに教皇庁がやりたい放題のことをやって財政難に陥ってしまったので、今度は人々の無知につけこんで楽に集金してぼろ儲けするシステムを考案します。そのための偽りの名目が用語集にある「サン=ピエトロ大聖堂の建築費を捻出するため」です。

長崎には、幕末から明治にかけて、フランスから来たプチジャン神父やド・ロ神父といった本当にボクが尊敬できるカトリック者もいらっしゃいますが、彼らがよほど稀な人たちであることが学問を深める毎に理解できます
(※プティジャン神父関連 「1:大浦天主堂 2」
(※ド・ロ神父関連 「8:大野教会堂」)

このような凄まじいまでに腐敗した当時の教皇庁やカトリック教会が行っていることに、敢然と異を唱えたのがマルティン・ルターなのです。ルターはドイツ中部にあるザクセンという小さな都市の、ヴィッテンベルク大学神学教授で聖書を研究していました。だからこそ、簡単に言うと、教皇庁のやっていることが聖書に載っておらず、あまりに酷いということに怒りを燃やしたのです。

1520年には時のローマ教皇レオ10世により、カトリックから破門されます。

Pope-leo10.jpg
レオ10世(Leo X
1475年12月11日 - 1521年12月1日
ルネサンス期のローマ教皇(在位:1513年 - 1521年)

そして翌年、ルターは教皇庁に楯突いたかどで、ある会議へ呼び出されます。これを「ヴォルムス帝国議会」と言いますが、新皇帝が自分の手腕を誇示するためという超バイアスのかかった会議でした。

ここに召喚され、いわば見せしめとなったルターは発言の撤回を求められますが、これを拒否。そして、「貴様を法の埒外(らちがい)に置く!」と言い渡されるのです。
「法の埒外」ですから、ルターを誰かが殺したとしても、ルターを殺した人間を法で裁かないということです。恐ろしい…。

この新皇帝こそが、あの神聖ローマ皇帝カール5世、すなわちスペイン王カルロス1世なのです。
1024px-Emperor_charles_v.png

しかし、このルターをかくまったのがザクセン公フリードリヒでした。

ヴァルトブルク城にかくまわれたルターは、ここで聖書のドイツ語訳を行います。実はこのドイツ語訳というのが大変重要な意味を持つのです(いずれオランダにとって)。

Wartburg-Lutherstube_02.jpg
ヴァルトブルク城に残るルターの部屋 wiki より引用
 
余談ですが、マルティン・ルターの名前に由来する人物がいます。
マルティン・ルター Martin Luther → マーティン・ルーサー・キングJr Martin Luther King, Jr

aahd064_8x10rev-dr-martin-luther-king-jr-posters.jpg

英語で読めばどちらも同じですね。プロテスタント・バプテスト派キング牧師は実はルターの名前です。
だから、キングは、カトリックにおけるキング「神父」でなく、ルターが拓いたプロテスタントのキング「牧師」なのです。

次回は、なぜ聖書のドイツ語訳がそれほど重要なのかについてです。
いよいよ、オランダに迫ってきました!!
ルネッサ~ンス。 お楽しみに~!

dejima_agin_rogo-3.png

出島表門橋開通記念! みんなで学ぼう、オランダ 1
出島表門橋開通記念! みんなで学ぼう、オランダ 2
出島表門橋開通記念! みんなで学ぼう、オランダ 3
出島表門橋開通記念! みんなで学ぼう、オランダ 4
出島表門橋開通記念! みんなで学ぼう、オランダ 5
出島表門橋開通記念! みんなで学ぼう、オランダ 5.5 ―科学と非科学の違いー


テーマ:歴史大好き! - ジャンル:学問・文化・芸術

オランダ関連 | コメント:0 |

出島表門橋開通記念! みんなで学ぼう、 オランダ 5.5 -科学と非科学の違い-

神聖ローマ帝国が推し進めたカトリック政策。これが後のオランダ独立へとつながっていく、という話が前回の話でした。

なぜそうなるのか、ということが今回以降の流れとなりますが・・・。

と、みなさんにここで確認しておきたいことがあるのです。

これまでキリスト教のことを目の敵のようにディスっているように見えるのは、もちろん気のせいです。歴史科学を看板に掲げるこのブログにおいては、宗教の思想内容を問題にするのではなく、「それが行ってきた実態」をどストレートに評価しているに過ぎません。「いやそれでもおかしいでしょ?」と仰られる方もいらっしゃるかと思います。

まず、「科学とは何か?」これを知っていただく必要があります。案外みんな学校でさんざん習ってきて、知っているようで知られていないのが科学の「性質」の部分です。

例えばボクの場合だと、確固たる証拠に基づく新説が出てきて、論理的に考え直してみると、それが従来の話より妥当性があれば、いつでもこれまでの考えを捨てる準備があります。

こういった、妥当な反対意見を受け入れることが出来る状態を、「反証可能性」を備えている、と言います。

これを備えていないと、どんなに議論しても平行線のままで終了~となるのです。人と話してて一番疲れるのはこのパターンですよね(;・∀・)

では、科学的に「正しい」という考える方法はどういうことをいうのでしょう。

出発点は、自分がウソつきかもと自覚していることです(笑)
だって現行の科学理論はどんなに偉い学者が唱えていようが、そのほとんどがウソだからです。でないと、何のために新たな研究をやってるの?となるからです。

ある物事を予め自分が持つ価値基準に基づいて、絶対的に良いか・悪いかと判断するのではなく、まず自分の考えや言っていることがウソかも知れないけど、話の論理性や妥当性に照らし合わせると現段階ではこっちがイイかもね、ということで判断をつけているに過ぎないということです。こうしないと人とは話し合えないし、大勢でやる議論が全く成り立ちません。

ただし、同じウソでも、自分の従来の考えに都合が良いように話を捻じ曲げて信じ込ませること、これを「捏造」と言いますが、最も非科学的な態度であり、軽蔑の対象となります(日本のクオリティー・ペーパーを自認する○○新聞が白昼堂々とやってますが…)

ここで宗教の場合を考えてみましょう。

ある宗教ではその神や教義が絶対に正しいのですから、信者はその命令に従えます。キリスト教では「汝の隣人を愛せよ、汝が自分を愛するのと同じように」という言葉が聖書にありますが、「愛せよ」と命令文でしょう?コレ。普通は信じていない人の命令には誰も従わないはずです。しかし、キリスト教徒はイエスを信じていて、イエスの命令は「絶対に正しい」から従わなくてはならない、だけどイスラム教徒にはムハンマドを信じているので「正しくない」と考えるはずです(共通する内容だと信じることはあるでしょうね。元々どちらもユダヤ教から派生した宗教ですから)。

また、ヒンドゥー教を信じる人にとっては「牛が神聖な生き物だから食べるな」、ということが「絶対に正しい」ので食べない、だからマクドナルドには行けないし、イスラム教では「豚は不浄な生き物だから食べるな」、ということが「絶対に正しい」ので豚しゃぶがどんなに美味いかを力説しつくしても食べません。

これを非科学と言いますが、科学とは単に「性質」が異なるだけです

かく言うボクも極力科学的に物事を日頃考えますが、毎年グラバーの誕生日と命日に墓参りをして願い事をしてます。しかしこれは今の科学で考えると、願うだけで望みが成就出来るハズがありません。つまり、非科学的なことをやってる訳です。また、どんなに悪魔教にかぶれた凶悪な罪を犯しても、わが子はかわいいと思う親のことを「それは非科学だ」と断じることも出来ないでしょうが、その子が行った凶悪犯罪の良し悪しを法的(あるいは科学的)にディスることは可能でしょう。これを否定する人はいないと思われます。

同様に、非科学の側である宗教の教義内容を「正しい」か「間違い」かと判断することはもちろん出来ません。日本では信教の自由が保障されていて、これに反すると憲法20条違反になりますからね

だから、基本的にこのブログでは特定の宗教の教義内容を批判することはありませんが、その宗教信条に則って行った人間の行為の良し・悪しと、そこから派生した捏造や偽善は科学的に「正しい」のか「間違い」かと論じることが出来る、という考えから批判しているのです。

案外、この科学と非科学の住み分けが出来ると、日常生活においても役立つことが多いハズです。ささいなケンカはなくなるかもしれません。ただ、戦争や紛争はまた別要因なんで、まずなくなりません。ま、その話はいずれ。

では、次回をお楽しみに~!

今日も画像がなくて寂しいので、浜口改めメカ口推奨のプログレメタルの至宝、珠玉の一曲(20分くらいありますが^_^;)で締めます。


dejima_agin_rogo-3.png

出島表門橋開通記念! みんなで学ぼう、オランダ 1
出島表門橋開通記念! みんなで学ぼう、オランダ 2
出島表門橋開通記念! みんなで学ぼう、オランダ 3
出島表門橋開通記念! みんなで学ぼう、オランダ 4
出島表門橋開通記念! みんなで学ぼう、オランダ 5


テーマ:歴史大好き! - ジャンル:学問・文化・芸術

オランダ関連 | コメント:0 |

出島表門橋開通記念! みんなで学ぼう、オランダ 5

2017年11月24日、出島表門橋開通に先立って、長崎市とオランダのライデン市との姉妹都市提携が結ばれました。

姉妹都市提携図
画像引用:ライデンと姉妹都市に 長崎市 シーボルトが結んだ縁 [長崎県] 西日本新聞

・・・てか、まだやってなかったの?

という行政の歴史ウ○チぶりですが、よくそれで歴史とロマンの街を標榜出来るよなぁ~とあきれ返っている人も多いのではないでしょうか。

オランダを知るという目的から発したこのシリーズですが、オランダの独立は、神聖ローマ帝国とスペイン、イタリア、フランス、そして、イギリス。加えて、カトリックとプロテスタントのせめぎ合いの中から果たされるので、どうしてもこの一見長そうに思われるネタ振りは必要条件なのです。

これを知らずして、この今のオランダと真の友好は果たせません。


ということで、前回の続き。カール5世(カルロス1世)の息子の一人で、「太陽の沈まない帝国」を築き上げた、フェリペ2世再登場です。

King_PhilipII_of_Spain.jpg
このフェリペ2世については以前のスペイン・ポルトガル関連カテのブログで、(「ポルトガル人はなぜ日本に来たの?」に答えられますか? 5 最終回 ‐グローバリズムの落とし穴‐)で書きましたので詳細は省きます。今のフィリピンの国名の元となった人であります。

ここで、オランダとのリンクが生じます。ぜひとも、理解を深める準備としご参照ください(おヒマでしたら、「ポルトガル人はなぜ日本に来たの?」に答えられますか?シリーズも通してお読みくださいね♡)。

スペインの、いわゆるアメリカ「新大陸」での暴虐ぶりはここで改めて書くまでもないでしょう。
しかし、全部読まれた方、「南『蛮』人」の意味は十分理解できたと思われます。

そもそもです。
「イエズス会」という言葉は「イエスの軍隊」という意味です
1540年には教皇パウルス3世によって、「ま、そういうこと」という公認も出ます。自ら言ってしまっているので、これはボクの創作でも何でもありません。

1925年発行の100ペセタ紙幣にはフェリペ2世の肖像が使用されていました。
1925年100ペセタ

ここには「他国の人たちの感情に配慮して」といった、どこかで聞いたことあるような気配りはミジンコほども感じられません。インディアン大虐殺を行ったコルテスやピサロの肖像紙幣も以前紹介しました(※「ポルトガル人はなぜ日本に来たの?」に答えられますか? 3」)。まあ、別段これはスペイン紙幣に限った話ではないですが…。

この神聖ローマ帝国との抗争としては、前回もちらっと触れましたが、さかのぼること12世紀以降はドイツ皇帝とローマ教皇との抗争が激化し、イタリア国内で都市の大商人を中心とした教皇支持派「教皇党(ゲルフ)」、貴族・領主などを中心にしたドイツ皇帝支持派「皇帝党(ギベリン)」がありえないほど争っています。

このイタリアでの状況下で劇化されたもの、何だか知ってますか?

「ロミオとジュリエット」(シェイクスピア作、と一応言われてます…もごもご)です。あれはまさにこの教皇党と皇帝党の抗争下における、恋愛を描いた作品です(中ぼーの)。

皇帝派のモンタギュー家の息子として生まれたロミオと、教皇派のキャピュレット家の娘ジュリエットが、両派が血の雨を降らせる抗争を繰り返していたさ中に、互いの家の空気も読めずに付き合っていた、今でいうところの中学生らの話です(ちなみに、ロミオ15歳。ジュリエット13歳の設定です。だから中ぼー)。

「おー、ロミオ。あなたはどうしてロミオなの?」
これを、
「おー、(よそ者神聖ローマ皇帝フリードリヒ2世シンパ家の)ロミオ。あなたはどうして(ウチのローマ教皇グレゴリウス7世をディスる)ロミオなの?」

と、いうように心の中で(  )を補って読むと受験にも役立ちます。

また、時代を少しさかのぼって周りを見渡すと、13世紀末にはスイスが神聖ローマ帝国の圧政に耐えかねて、市民や農民らが独立抗争を繰り広げていますし、スペインとポルトガルがあるイベリア半島は、8世紀以来、北アフリカをまわってきたイスラム教徒に支配されているという状況でした。

イベリア半島を初めに支配したイスラムの後ウマイヤ朝は、4世紀以降の「ゲルマン民族大移動」で、イベリア半島のキリスト教化(きょうげ)を推進した西ゴート王国に比べ、他宗教に寛容でした。ここでの被征服者にイスラムへの改宗を強制せず、その代わりにジズヤ(人頭税)を納めさえすれば、ユダヤ教徒、キリスト教徒の区別なく、信仰を保持していいよ、というゆるい統治でした。

その後を継いだナスル朝では世界で最も美しいとされる、あのアルハンブラ宮殿が造られました。14世紀に完成したとは思えないほど、数学・物理学を駆使したその造形美に魅せらて、世界中の人が訪れます。

夜のライオンの中庭
ライオンの中庭

カルロス5世宮殿
カルロス5世宮殿

1492年という、コロンブスのいわゆる「新大陸発見」と同年、このナスル朝の都グラナダがキリスト教徒によって陥落され、以後イベリア半島にはカトリック勢力が広がっていくのです。

ちなみに、「ロミオとジュリエット」のハリウッド版が、
「ウエストサイド物語」(1961)です。
ウエストサイド物語

話を戻しましょう。

このフェリペ2世は熱心なカトリック教徒でした。だから、当然のように広大な自国領域にもカトリックによる国家統合を理想としています。

「異端者に君臨するくらいなら命を100度失うほうがよい」とまで言っているほどです。

このある意味強硬なカトリック支配に対し、16世紀、公然と反旗を翻した国がありました

その名は「ネーデルラント」。

つづく

dejima_agin_rogo-3.png

出島表門橋開通記念! みんなで学ぼう、オランダ 1
出島表門橋開通記念! みんなで学ぼう、オランダ 2
出島表門橋開通記念! みんなで学ぼう、オランダ 3
出島表門橋開通記念! みんなで学ぼう、オランダ 4

テーマ:歴史大好き! - ジャンル:学問・文化・芸術

オランダ関連 | コメント:0 |

出島表門橋開通記念! みんなで学ぼう、オランダ 4

オランダの歴史、どこから攻めようかとあまりに悩みすぎながら、明け方までブログを書くのでストレスでハゲる(ような)気がしてなりません。

古代ローマ皇帝:ジュリアス・シーザーこと、ユリウス・カエサルは、元老院から「ハイ次、モエクス・カルウス君」と呼ばれると、「私ですが、何か?」と応対して笑いをとっていたとかいないとか…。

は?どういう意味?と思われるでしょう。

ボクはラテン語を話せないので不明ですが、「モエクス・カルウス」君は「ハゲの女ったらし」という意味らしいです。ついでに言えば、カエサルはとてつもない借金王ですが、のちプトレマイオス朝エジプトの最後の王:クレオパトラ(7世)とデキてしまいます。「クレオパトラ」(1963年 アメリカ)という映画ではエリザベス・テイラー扮するクレオパトラと、レックス・ハリソン扮するカエサルでした。カエサル死後にクレオパトラが誘惑するのはリチャード・バートン扮するアントニウスですが、この二人はホントにデキてしまい、結婚までしてしまい、のち離婚と結婚を繰り返します。

Cleopatra_poster.jpg

カエサルのように、この不名誉なあだ名を自認出来て、かつ、背水の陣で一同の笑いとろうとするほどの勇気と度量がないと、やはり歴史に名を残す栄誉は手中に収められないのかもしれません・・・・・・・・・・・・・。これを「歴史に名を残す法則1」と名付けておきましょう。まぁ、ボクはどっちか言えば、現世における栄誉(髪フサフサ)を採りたいですが。

Julius_Caesar_Coustou_Louvre_MR1798.jpg
Gaius Iulius Caesar
<ガイウス・ユリウス・カエサル立像>
ニコラ・クストゥ作、ルーヴル美術館所蔵
紀元前100年頃(紀元前102年とも)~紀元前44年3月15日
カエサル(シーザー)の名が「皇帝(カイザー)」を表すようになる。
で、立像の頭には月桂樹が!
「名誉の証として与えられた月桂冠をどこでも被っていいよ」という特権を与えれた際は、めっちゃ喜んだとされています。やはり、気にはしていたみたいす。

さて、どーでも良い話を軽いジャブにしといて、よーやく本題に入って行きます。

お待たせしました


オランダはスペインでした!(16世紀中頃~)

前回までのシリーズで、「オランダという国はない」、「オランダ人は今一番デカい」とさんざん言って来て、今回はコレ。もう訳が分からなくなってきた人も多いかと思います。
しかも、
最初はドイツでした!
などと言ってしまうと、もうええわwwwとお叱りや誹(そし)りを受けるかもしれません。

しかし、コレぜんぶ本当です。
ただ、当時のヨーロッパでは「オランダってどこよ?」って認識だったハズです(水浸しの低地だし)。

地図で現在の位置確認しときましょう。
map2.jpg

実は、ここらへんの事情を根こそぎ説明しながらオランダ史を描くと、浜口改めメカ口の複雑極まりない数量計算によれば、ガチで3冊分の本が完成します。

まぁ、どうにか手短にやってみましょう。

やや古めの話からすると、かつてこの辺りにあった強力な国:フランク王国がヴェルダン条約とメルセン条約によって三つに分裂します。これが9世紀半ばから後半で、今のドイツ・フランス・イタリアの元が出来ました。
ヴェルダン・メルセン
引用:世界の歴史まっぷ より

そのうち、ドイツ辺りにあった東フランクのザクセン家2代目オットー1世という人が、ハンガリーの祖であるマジャール人をレヒフェルトの戦いで完膚なきまでに撃退し、ついでにスラブ、ボヘミア、イタリアを制圧してしまいました。

Otto_I_HRR.jpg
Otto I.
<オットー1世、ルーカス・クラナッハ画>
位 936年 - 973年(東フランク王)
位 962年 - 973年(ローマ皇帝)
912年11月23日~973年5月7日

そんな感じですから、時のローマ教皇ヨハネス12世がその当時イタリア国内で、あーだこーだいろいろあって悩み中(でハゲそう)だっとこともあり、「もう君が皇帝やって、ここらでまとめてくれよ」ということで、476年に滅んだハズの西ローマ帝国の皇帝復活~!となります。
これをもって世界史では「神聖ローマ帝国」誕生、とすることが多いです。と、ドイツ近辺が中心なのに「ローマ」がついているのがポイントです。コレをつけたほうがお洒落だと思ったのでしょうか・・・。これが後に思わぬ落とし穴にハマってしまうことにもなります。

この「神聖ローマ帝国」というは、ナポレオンによって支配される1806年まで、わりあい長いこと継続します。あの十字軍(という名の殺戮団)を送り込んだのも最初はこの帝国です。ただ、基本的にはドイツを中心としているものの、下手に「ローマ」という名がつくし、カトリックを保護育成する政策もとった国だったし、「やっぱ、魅惑のローマ欲しいよなぁ~」ということで、歴代皇帝が度々イタリアを乗っ取ろうと企んでばかりいました。これに対し、さすがに干渉されるイタリアも無策ではなく、奴らの侵入経路にあたる北イタリアのジェノヴァやヴェネツィアなどの都市が独立して、神聖ローマに対抗すべく都市同盟を結んで抵抗を続けます。

ずっとこんな体たらくで、皇帝らがすっかりイタリアにかまけてるものだから、国内は当然まとまりがなくて、地方の諸侯たちがここぞとばかりに強くなっていきます。

実は今のイメージのドイツという国が史上初めて出来るのは、ビスマルクがまとめる1871年なのです。 この話、そのうち別のカテゴリーにてやろうかなと思ってはいます。

それまではこうした事情もあって、なかなか統一国家を作るのが出来ませんでした。13~14世紀になると、「領邦」と呼ばれる小国家が何と帝国内に300ほども出来てしまい、そいつらが勝手に独自の貨幣鋳造権や外交権を持つようになっていきます。ひいては、1256年から20年足らずほど、まともな皇帝がいなくなるという「大空位時代」が訪れるわで、こうなるとコレほんとに「帝国」と呼んでいいんだろうか?という疑問しかわきません

しまいには、帝国内の7人の大諸侯たちが集まって、自分たちに都合の良い人間を皇帝に決めてしまうという有様です。

すったもんだするうちに、帝国内のオーストリア近辺で、1273年より「ハプスブルク家」という一門から皇帝が選出され、ナポレオンに滅ぼされる1806年までずっと帝位を世襲し、強力になっていきます(※フランスとも対立します)。あの「ベルサイユのばら」でおなじみ、マリー・アントワネットの実家です。この一族から出たカール5世がフランスを越えたスペインで王位にもつき、スペイン王としてカルロス1世をも名乗ります。

1024px-Emperor_charles_v.png
Karl V カール5世(カルロス1世)
1500年2月24日~1558年9月21日
位 1519年 - 1556年(ローマ皇帝)
位 1516年 - 1556年(スペイン王)
戴冠
1520年10月22日 / 1530年2月24日(ローマ皇帝)
別号
ブルゴーニュ公・ブラバント公・フランドル伯・ルクセンブルク公
ネーデルラント君主・ミラノ公・ナポリ王・シチリア王

※アゴが長いですが気にしないでやって下さい。一族は「アゴのハプスブルク」と呼ばれています(「歴史に名を残す法則1」を適用)。

この時の領域がすさまじく広大で、ドイツ・オーストリア辺りは当然として、スペインはもとより、ネーデルラント(やっとココキタ(;・∀・))、ナポリ、ミラノ、アメリカ大陸にまで及んでしまいました。地政学的にはフランスが挟み撃ちにされて、ヤヴァす、となってますね、後の展開のためにチェックしときましょう。

カール5世の「ハプスブルク帝国」(16世紀中頃)
引用:カール5世 

このカール5世の時代なのです、いわゆる「大航海時代」が進み、そしてあの「宗教改革」が苛烈になっていくのは。ちなみに、カール5世の晩年は痛風の痛みとオスマン帝国のスレイマン1世との攻防やフランスとの戦争疲れ、この宗教改革などで、「もうオレ、無理 orz」となって退位し、二人の息子に領土を分けてスペインのユステ修道院へ籠ってしてしまいます。しかし、間違いなくカール5世はとても有能だったでしょう。この混沌としたヨーロッパ情勢、論理的に知るほどホントに面白い。現代につながる答えも、歴史を学ぶ意義もココらへんに山ほど転がってます!

<カール5世へ贈る、哀しみの秀歌>浜口改めメカ口作

痛風と止まぬ戦に耐えかねて
もとの濁りのパリよ恋しき


次回、痛風王カール5世(カルロス1世)の息子の一人について、からになりますが、いよいよスペインには太陽が沈まなくなります

「地獄より光明に至る道は長く険しい」と ジョン・ミルトンが「失楽園」で言ってます。
・・・オランダへの道はまだまだ続く(; ・`д・´) お楽しみに~!

dejima_agin_rogo-3.png

出島表門橋開通記念! みんなで学ぼう、オランダ 1
出島表門橋開通記念! みんなで学ぼう、オランダ 2
出島表門橋開通記念! みんなで学ぼう、オランダ 3

テーマ:歴史大好き! - ジャンル:学問・文化・芸術

オランダ関連 | コメント:0 |

出島表門橋開通記念! みんなで学ぼう、オランダ 3

知ってましたか?。
オランダ人は今世界で一番デカい、てことを!!

「彼を知り己を知れば百戦殆からず。『孫子・謀攻』」ということで、(別に戦うわけではありませんが)オランダ人についてこのような事実があるので、まずはお見知りおきを。

<世界の高身長の国ランキング>
1位:オランダ。(男性184cm・女性171cm)
2位:デンマーク
3位:ノルウェー
4位:スウェーデン

45位:日本


なぜこんなにデカくなったのか、には諸説あります。

超大型巨人2
※画像は単なるイメージです。

2015年4月8日、イギリス紙「The Guardian」の記事によれば、人間や動物の行動体系や体格の進化について研究しているロンドン大学のGert Stulp博士の研究で、どうしてオランダはこうなったのか、という従来の説を覆す説があるのですが、数理的にツッコミどころ満載なので、ザックリ省略してやりました。気になる人は、リンク貼っておきますので、読んでみてください。時間の無駄だった orz ということは学べるハズです。
引用:「TOCANA」

なお、日本人平均身長はどうでもいいですが、一応載せておきましょう。
日本人男性   171cm
日本人女性   158cm

リンちゃん2
※画像は単なるイメージです。

なぜオランダ人が巨大化したかは不明です。日射量が少ないと、特に寒い地域の動物の方が、より体が大きくなる、という「ベルクマンの法則」というのもありますが、定かではありません。てか、たぶんウソでしょう。彼らの祖先となるケルト系やゲルマン系の民族がこの辺りには、紀元前より「ずっと」住んでいたのですから、なら初めからデカくないと矛盾するからです。第一、アフリカゾウはアジアゾウよりクソ暑い所に遥か昔からいるのに、陸上の哺乳類で最もデカいです。ベルクマンはひょっとしてゾウを知らないでしょうか?暴れん坊の徳川吉宗だって知ってたというのに・・・

享保の象 狩野古信
<八代将軍:徳川吉宗の命令で江戸に向かうゾウ> 狩野古信 筆
享保13年(1728)6月7日、広南(いまのベトナム)から、中国の貿易商鄭大成が長崎に、牡牝(オスメス)2頭の象をつれてきた。牡は7才、牝は5才であったが、牝は上陸3ヶ月後の9月11日に死亡した。牡は長崎の十善寺にて飼育され、翌年の5月に江戸将軍家に献上されることになった。(大田区郷土博物館の「博物館ノート NO.139)より


また、およそ200年前までは、むしろオランダ人はヨーロッパの中でも背が低い方だったらしく、オランダ軍の記録では、過去150年間で平均身長が20cmも急に伸びた、というのですから尚更です。「~の法則」「~説」にはダマされないようにしましょう(※特に西洋人の名前が付いた法則&説に弱いのが我が国の人たちです)

ちなみに、日本にやってくるオランダ格闘家もやたらデカいのばかりですが、そもそもオランダであんなに格闘技が盛んになったのには理由があります。ジョン・ブルミンという「オランダ格闘技界の父」と言われる人がいて、この人は日本で極真空手を学んだ後、極真空手オランダ支部を作り、ここから多くの弟子が輩出されました。また、黒崎健時という人がキックの「メジロジム」を作って、キックボクシングジムの系譜が作られ、発展していったからとなっています。そしてオランダ人は日本にやって来て、しこたま金もうけをしているのですから、日本人よ本当にお人よしもほどほどにしておけ、と言いたいところですが、かつて彼らを出島だけに押し込めていた復讐かもしれない(通説をあえて述べましたが、実態は少し異なりますので後ほど)し、結構試合は面白いので良しとしておきましょう。

…日頃パダワンどもには、極力本旨から外れた無駄話をしないよう(または、お前らもするな!と)努めているのですが、ブログは無制限にそれがやれるし、鬱憤晴らしになって心的カタルシスがパないです。そのおかげで、駄文が長々と脈絡もなく連なってしまい、再び非難されるという負のスパイラルに陥るので、あたかも2009年辺りのどこかの倭国政権(民…ナントカ党と言った気がします。もうこの世に存在しないようなので忘れましたが…)のデフレ状況を彷彿としますが、本人の中では「NEO徒然草」のつもりでクリエイティブに書いていて、それが知らず知らずのうちに文体となって表れるので、「いとをかし」という感想を抱かれる方も多いかと思います。

「をかし」は「枕草子だろ!」 とツッコミを入れられた方がいらっしゃるかと想定しますが、吉田兼好は「枕草子」の研究家でもあったので、決して誤りではありません。大学の文学部で「徒然草」を研究するなら必ず「枕草子」もやれ、というのが常識となっているほどです。

ちなみに、「吉田」というのは京都大学近くにある地名です。「卜部兼好(うらべかねよし)」が本当の姓名です。また余談ですが、吉田には「吉田神社」があります。京都大学の学生の間では、京大合格祈願のために、うかつにも吉田神社にお参りに行ったら落ちる、((´д`)) ブルブルという噂があります。そのような非科学は全く信じないボクですが、一度パダワンの受験の際に試してしまい、身をもって恐怖体験をしましたので、京大受験をお考えの方はぜひご注意ください。

ということで、ようやく本筋に入れました。
まず、「出島て、何?」

ここで問題です。オランダ人が住んだ出島はいつ作られたでしょうか?
はい、過去のブログで解答はココにあるので次回の予習のためにも見ておいてください。

※「日本ではなかった!? 「小ローマ」:異国の長崎」

紙面(Web 面ですね、正確には)の都合で、また長くなってしまい、終了となります。次回こそは、必ずや テーマに入ってみせます(断)。お楽しみに~!!

今回もパクリ企画ですが、浜口改めメカ口推奨、東雲の一曲でお別れです。


「出島表門橋開通記念! みんなで学ぼう、オランダ 1」
「出島表門橋開通記念! みんなで学ぼう、オランダ 2」

dejima_agin_rogo-3.png


テーマ:歴史大好き! - ジャンル:学問・文化・芸術

オランダ関連 | コメント:0 |

出島表門橋開通記念! みんなで学ぼう、オランダ 2

今回は予告通り「オランダ人はなぜ日本に来たの?」です。
「妥協」の産物文体を採用して書いているのですが、本当は「西鶴文体」か「泉鏡花文体」でいきたかったんです。
たぶん山ほど(注)が必要となるのでセルフ不採用となりましたが、いつか試してみようと思います。

なお、前回、すっかりスッキリ書き忘れていたのがありまして、
「で、なぜオランダっていうの?」という結論です。 安定の、いつもの物忘れです。

ってことで、結論いきますと、

「The Netherlands」は概ねオランダ国土全体を指します。各州を統合しているので複数形の「s」がついていることも説明忘れてたんで追記しておきます。
「Holland(ホラント)」は、17世紀のオランダ黄金時代に有力な州であった「北ホラント」と「南ホラント」と呼ばれる2州のみを指しています。
この有力な州の名である「ホラント」が、ポルトガルの呼び名で「オランダ」なので、それがポルトガルから先に日本に伝わって定着した、という感じです。

以上、結論終了です。

余談ですが、ホラントは、「Holtland(森の地)」、または、間違って「Holland(窪地)」に由来するという話もあります。いずれにしても、土地の様や形状から国の名前に発展しているというのがなんだか微妙な感じです…。

というのも、これが もし長崎市だと、土地は大体が盆地となっているので、「The 盆地s」となってしまします。更に、別に無駄にやる必要はないのですが、カタカナとひらがなだけで表現すると、「ザ・ぼんち」となってしまい、エキセントリックで息が詰まるようなお笑いを提供する都市、のような印象を与えてしまいますので、この辺で止めておきましょう。(※わかる人は見事な昭和の教養人です)

ただ、公式な場では「The Netherlands」、カジュアルな場では「Holland」が使用されているようです。ボクがガイドをやらせてもらっている軍艦島コンシェルジュのツアーにやってくるオランダ人と話していると、大体は「The Netherlands」と言います。

「ウチの国は低くてさー」みたいなことも先日自慢げにかどうか不明でしたが、20代の若造が言ってました。
老夫婦には「ボク、オランダの勉強してて、ライデンに行くのが野望です」ということを言うと、「オランダは狭いからね、ウチはアムステルダムで、近所だから来たら遊びに来い」と華麗なまでの社交辞令をいただきました。名刺までくれたんで、手ぶらで本当に行ってやろうと思ってます。

さて、よーやく今回のテーマですが、「オランダ人はなぜ日本に来たの?」でした。前回結論を言わずに終了するという大失態を演じた教訓から、先に言っておきましょう。

それは、「オランダ人がプロテスタントだったからです!」
・・・ハイ、さっぱり理解できませんよね?

今回、このテーマを書くにあたって、予め「コレまともにやると長くなるからねー」と広報部長&副管理人:Keiko には言ってあったんですが、何しろ出島が!ということで副業1が激多忙にもかかわらず始めてしまいました。

まず、みなさんは次の言葉が何を表わしているか知ってますか?

Q1: ①南蛮人(なんばんじん) ②紅毛人(こうもうじん)

①の南蛮人はスペイン&ポルトガル人
②の紅毛人はオランダ&イギリス人 です。


即答で来た人は立派な長崎人(じげもん)です。

次に、これはどうでしょう?

Q2: 日本に初めてキリスト教が伝えられたのはいつで、誰が伝えたのでしょうか?

1549年で、フランシスコ・ザビエルです、楽勝。と、答えた人。よくある間違いです。
奈良時代で、誰かは不明だがたぶん秦(はた)氏。これが正しい答えです。

難易度を上げてみましょう。

Q3: 「カトリック」の意味を答えよ。

「普遍」という意味です。(特殊能力者のボクにはみなさんの頭の中に「????」の記号が透視できました)

Q4: カトリックとプロテスタントの教義の違いをわかりやすいたとえを用いて答えよ。

カトリックが… また長くなって蔑まれるので、ここは次回以降に明します。


これらの設問とオランダと、どう関係するのか?と思われるかもしれませんが、もちろんありますのでご安心下さい。

では、今回はこの辺りで。
気づいたら画像を一枚も使っておらずページ的に寂しいので、管理人&世界遺産部部長:Yusuke Takao の記事のパクリで、浜口改めメカ口推奨、今宵の一曲で締めます。次回も、お楽しみに~!!



「出島表門橋開通記念! みんなで学ぼう、オランダ 1」

dejima_agin_rogo-3.png

テーマ:歴史大好き! - ジャンル:学問・文化・芸術

オランダ関連 | コメント:0 |

出島表門橋開通記念! みんなで学ぼう、オランダ 1

出島表門橋が本日開通、おめでとう記念~!! ということで、みんなでオランダのことを楽しく&詳しく学んでいこうかと企んでいます。
ただ、これまでのブログの内容が・・・「難しい」「長くて読みたくない」「文章がカタい」など、そうした批判は本来蹴散らすか、無視して良い真摯に受け止めたいのですが、ここ数年で学んだ大人の対応を発揮しどころはココだろう、ということで、今回より「妥協」の産物文体を採用したいと思います

いきなりですが、「オランダ」という国は歴史上一度もありません。

オランダ本国全体を表わす呼称は「The Netherlands」です。

The がついていることがポイントです。というのも、「低い土地」という意味を表わすのが「Nederland(ネーデルラント)」という普通名詞なのです。この普通名詞を固有名詞にしようという、いわば英語の文法的便宜のためというのが The がついている理由です。オランダはそもそも低地が多く、国土の4分の1が海抜0m以下であって、高い山はほとんどありません。一番高いところでも海抜322.5mで、長崎の稲佐山(333m=東京タワー)より低いのです。

それで、どうしても低地から水を排除しなければ住むところが確保できないので、水を汲み出すのに使われたのが「水車」です。
みなさんがオランダを思い浮かべる際にまず出てくるのが、「風車&水車」でしょう。実は、「水車」はオランダが低地であったという地形的な不便さを克服するためにどうしても必要だった灌漑用アイテムなのです。

余談ですが、昔、カルピスまんが劇場「フランダースの犬」という昭和の教養アニメがありました。イギリスの作家ウィーダが19世紀に書いた児童文学で、日本で人気になったことで、ベルギーでは「『フランダースの犬』、何それ?」 となったものの、日本人観光客があまりに問い合わせするものだから、ネロとパトラッシュの銅像を作ってしまったという、ジャパニメーションのある意味で凄さを物語るエピソードまであります。ネロを虐めてばかりいる「ハンス、ゴルァ!!」と毎度思いながら見ていた方も多いかと思われます。この舞台となったのはアントウェルペン(英語名:アントワープ)です。このアントウェルペン辺りまでがかつてネーデルラントと言われた土地なのですが、この作品の象徴ともなったのも風車でした。何を隠そう、ウチにもかつてのEP盤レコードが現存しており、このジャケットにもバッチリ「風車」が写りこんであります。

フランダースの犬


話を元に戻しましょう。

このような訳で、正式国名「オランダ王国」は英語で「Kingdom of the Netherlands」と表されています。首都はアムステルダム。面積は九州よりやや小さめの41,526km^2、人口は1650万人足らずで、2017年9月29日 - 通信社・ロイターの28日付けの報道によると、世界の100万長者の数とほぼ同じで、東京の人口より300万人多いくらいです。

・・・ていうか、オランダの場所って知っていますか?ココです↓

オランダ地図
< Google map >

世界史は地図をとことん見ろ!というのが基本です。ついでにベルギーの位置も覚えておきましょう。

ベルギー地図
< Google map >
すぐ下でしたが。

以前※「ポルトガル人はなぜ日本に来たの?」シリーズを書きましたが、次回は、「オランダ人はなぜ日本に来たの?」です。

dejima_agin_rogo-3.png


テーマ:歴史大好き! - ジャンル:学問・文化・芸術

オランダ関連 | コメント:0 |

お母さんが預かったお年玉の行方 愛ゆえに 長崎Love編

扇型を見ると出島を連想したり
小腹がすくとちゃんぽんを思い浮かべたり
お世話になった人へのおみやげはカステラだったり


長崎の地元民(ジゲモン)が、普段なにげなく行なっているひとつひとつが、郷土愛に溢れていたりします。

我々も普段はお互いのことを

「長崎バカ」
「長崎オタク」

と呼び合っていますが
まるでそんな我々のことを
見るに見かねたような企画が
長崎市でスタートしております。


その名も
「長崎◯◯ラバーズ」











ちゃんぽんが好きな人は
長崎ちゃんぽんラバーズ

出島が好きな人は
長崎出島ラバーズ

坂道の街並みが好きな人は
長崎坂道ラバーズ


といったように
真ん中に、自分が好きな長崎のもの、事、場所などを入れて
アピールしよう!という企画です。
観光都市ならではで、ぼくはこういうの好きですね……
このロゴがある場所にはラバーズがいるということなので
困った時は訪ねてみるのもいいかも知れません。




長崎○○LOVERS 公式ホームページ
https://nagasakilovers.jp/




長崎○○LOVERS facebookページ
https://www.facebook.com/nagasakilovers/




また、インスタグラムでは
#nagasakilovers
で、投稿されたラバーズ達の写真がたくさんあります。
ガイドブックにはないジゲモンならではの長崎が見られるかもしれません。


んで、このcrossroadsブログを運営する我々PEACEBLUEも
もちろん参加してみました。




ぼくらは長崎の 「G」 が好き!
Gラバーです。
長崎といえばGですから。
ギターも、3フレット目でFを握るのが手首的に一番楽で好きです。


……


…もうおわかりですね?


頭を柔らかく、そして長崎です。
全国こども歴史科学伝習所として活動するにおいて、これ以上に長崎の歴史を愛する◯◯もないのではないでしょうか。
公式ホームページではより分かりやすく長崎◯◯ラバーズの活動が紹介されていますので、ぜひ一度ご覧ください。



え?
ぼくが長崎と聞いて一番に連想する著名人ですか?
うーん、やっぱり
グラバーさんかなぁ……




休日に早起きをして洗濯機を回し
干さずに二度寝して再度すすぎ
忘れて出かけて夜3回目をすすぐ
そんな32歳がいたら、それはわたしです。



今日の一曲 中山美穂 BE BOP HIGHSCHOOL





管理人:Takao の ぶらぶら噺 | コメント:0 |
| ホーム |