FC2ブログ

CROSSROADS×Nagasaki  -クロスロード×長崎-

異国文化が交差した長崎を科学と情熱で探究

日露戦争(3) -佐世保の海を眺めて思うこと-

昨日は天気にも恵まれて、久々バイクで高速に乗って遠出してきました。日頃高速で乗り回すことがないので、即チェーンが伸びてしまい、明日メンテです(T_T)

5月27日

この日は、日本の存亡をかけた日、ロシアとの日本海海戦の日です。佐世保の天神山の山頂近くの高台にある東公園では、ちょうど式典の準備をされている最中にお邪魔しました。

佐世保 東公園
東公園 (佐世保市)

東公園拝殿

東郷平八郎提督もここに立って見守っていらっしゃいます。

東公園 東郷平八郎提督像

この東公園は旧海軍墓地で、「佐世保鎮守府」の開設から、太平洋戦争終結までの戦死・殉職された176,000柱の大日本帝国海軍など、軍人・軍属の英霊が祀られています。ボクの祖父は「硫黄島の戦い」に出陣して、三人の幼子を残したまま帰って来ませんでした。きっとここにはその魂が安置されていると思い、日本のために戦っていただいた英霊の皆様と共に丁重にお参りを捧げてきました。

旗艦「三笠」で東郷平八郎提督ら日本海軍は、この長崎の佐世保から出陣していきました。
開戦前の1889年には第7代の佐世保鎮守府司令長官が東郷さんでした。

「佐世保鎮守府」は平成28年に「日本遺産」に登録されています。

佐世保鎮守府

そもそも「鎮守府」とは、かつて日本海軍の根拠地として艦隊の後方を統轄した機関でした。なぜ佐世保に鎮守府が置かれたか?なのですが、佐世保は大小さまざまな島が点在する軍事的には攻められにくい良港である上に、土地が安かったという理由で佐世保村に軍港を開き、この鎮守府を置くことが決定します。そして、1889(明治二十二)年7月1日、正式に「佐世保鎮守府」が開庁したのです。ちょうど東郷さんが7代の司令長官だった年で、大日本帝国憲法が発布された年でもあります。

この東公園にとある碑があるので、ご紹介します。

小笠原海軍機関曹長碑

まだ23歳だった、小笠原年夫 海軍機関兵曹長の妻への手紙です。その全文を原文のまま紹介します。

遺書
妻 静子に
好伴侶を得た己れは実に幸福たった
夫としての愛情は何人にも負けないで来たが将来を唯一の希望に心と心とで結ばれた結婚生活をいかに有難く感謝してゐる
何かにつけてよく仕へてくれたお前に感謝
この心で一杯だ 有難う
皇国の礎となるに及びてお前に若し一子ありとせば我が小笠原家の後継者として大事に大事に強く正しく養育し 祖先に勝る後継者としてくれる様に 即ち男子なれば軍人として女子なればよき配偶者を見つけて全からしむべし 
家門の名誉を担ふ己れなれば妻は其の分身なり
決して見苦しく人様に笑はれる様な事の無き様 子供の授からざりし場合は「己の真の心のままに行動すべし」斯く書けばお前には充分におわかりの事とおもふ
この真の愛情だと聞いて貰ひ度い 
では之にて


23歳にして、何と立派な、そして尊い文章なのかと思います。

現代に生きる自分と、幕末から昭和の初めまでに生きた人たちと比べて、ボクは20年前に決定的に違うことに気づきました。

自分は何のために学んでいるのか?という点です。

この目的に大きな隔たりがあることに気づいた時、これまでの学習とは一体何だったのだろうかと気落ちさせられたほどでした。
ボクは塾の講師なので、生徒たちに勉強のやり方や大学受験に上手く合格するにはどうすれば良いかを分かりやすく伝えることに苦心してきました。自分が教えてもらった先生たちも、同様だったでしょう。

ここに決定的な乖離(かいり)があります。

「良い大学に受かるため」、「良い就職が出来るため」、「将来経済的に豊かになるため」
今ほとんどの子供たちはこのように応えるでしょう。もちろん、自分だってそうでした。

しかし、これらは個人主義的な願望ですよね。日本史や世界史を学んでも、受験で良い点数をとるという目的が先んじて、歴史上の事例や人物から教訓を得ようという目的は非常に軽んじられているように思えます。

今引用した小笠原機関兵曹長は、ちょうど今でいえば大学を卒業するくらいの歳に英霊となられました。
これを拝読すれば、今の大学生とは人としての精神性の熟度に大きな開きがあることは誰だって気づくはずです。

時代が違うから、と一言で簡単に片づけて良いとはボクには思えません。
いつの時代も個人が社会を構成して、国も成り立っています。ここに社会や国のために学ぶ、という目的がないまま、単に学問を上手にやれるだけのエリートとなって東●大学法学部に入り、そのまま卒業して上級官僚になるから、昨今の官僚腐敗や社会問題はいつまでたってもなくならないのです。

「国のため、民のため」という言葉、西郷隆盛や勝海舟らの書物で何度見たことでしょうか。

一体、あなたは何のために歴史を学んでいますか?

この問いに、今のこどもが自分なりに学んで公民としての答えを導き出せる、ちゃんとした教育が出来るよう、日々ボクらも学ぶ必要があるのです。

東公園 (佐世保市)


back number
日露戦争(1) -必ず知っておきたい日本の誇り-
日露戦争(2) -100年の機密-

テーマ:歴史大好き! - ジャンル:学問・文化・芸術

日露戦争 | コメント:0 |
| ホーム |