CROSSROADS×Nagasaki  -クロスロード×長崎-

異国文化が交差した長崎を科学と情熱で探究

鍋島直正(3) -経済の真義-

いっやー、気がつけば明日で5月も終了ですね:(;゙゚'ω゚'):
結局今月は佐賀や鹿児島に調査で行けず、アマゾンの大河より日々流れてきた書物に埋もれて生活してました。

さて、今回は鍋島直正公の初期の改革です。では、行ってみましょう!


鍋島直正公は、「肥前の賢公」と呼ばれています。

なぜ「賢公」に成りえたのでしょうか?藩主になったからといって、いきなり素晴らしい能力を発揮できるはずがありません。若い頃に十分な学習を行い、そして何よりも良い師に恵まれたことが大きかったと思われます。
その師の名を「古賀穀堂(こくどう)」と言います。
古賀穀堂
古賀穀堂

1781(天明元)年、佐賀藩第八代藩主鍋島治茂(はるしげ)が、「寛政の三学者」の一人で、あの昌平坂学問所の教官でもあった儒学者の古賀精里(せいり)に命じて、弘道館(こうどうかん)という藩校を作りました。弘道館は現在の県立佐賀西高等学校などの前身となっています。その子が古賀穀堂で、彼が第九代佐賀藩主鍋島斉直(なりなお:直正の父)に提出した意見書があります。これは江戸時代の教育論として今でも大変評価されているものです。

その中身では「教育予算は削ってはならず、むしろ三倍に増やさなければならない」と言うのです。前述した通り(※鍋島直正(2) -誕生-)、藩の財政は逼迫(ひっぱく)していたにもかかわらず、それでも藩の発展のためには教育が重要であることを訴えています。また、学問に励まない藩士や僧侶に対する処罰や、儒学以外にも医学、長崎警備のためにも蘭学を習得すべきであるということも主張しました。この優れた知見による意見書を「学政管見(がくせいかんけん)」と言います。
学政管見
「学政管見」古賀穀堂

このような素晴らしい師の下で若い頃に学んだのが直正公だったのです。

逼迫(ひっぱく)する藩を立て直すべく、直正公は経済政策を画策します。藩の財政のほとんどが大坂の商人達からの借銀だったので、この借銀をまず減らし年貢収入で賄(まかな)えるようにと誰に対しても一律質素倹約を命じます。自らも質素な食事や衣服を徹底し、藩を復興させるべく奔走したのです。

ただ、既得権益にまみれた古参の臣下の中には、若い直正公の改革に反対する者も多数いて、直正公が想定するほどの成果が見られませんでした。

この臣下等の体たらくを、当時、今度は直正公の側近としても活躍していた古賀穀堂は嘆き、1831(天保二)年に、直正公に意見書である「済急封事(さいきゅうふうじ)」を提出します。「皆、向学心がなく、直正公の先見性を理解できていない。これは由々しき問題である」というのです。

ところが、佐賀藩に一大事件が起こります。1834(天保五)年の佐賀城二の丸の火災です。
現在の佐賀城本丸
現在の佐賀城本丸

逼迫した財政再建を懸命に行ってきた直正公だけでなく、焼け落ちた城を前にして臣下の間にも絶望感が広がりました。

しかし、直正公はこの火災で全てを失ったことを、古い物は捨て去れという「天啓」だと捉えます。

そして、これをきっかけにして、腐敗役人の三分の一を解雇、その代わりに身分を問わず才能や学識がある人間をどんどん登用するという、斬新な改革を打ち出していくのです。

まず、直接藩の収入に関連する改革は農業からでした。嫌がる地主たちの反対を押し切って農政改革を行い、小作料の支払いを猶予したことで、農民たちの就労意欲が向上し、結果的に農村は収穫が安定していきます。元々佐賀平野は米作りに適した良い土地であることも相まって、財政収入も次第に立て直すことに成功します。

更に、佐賀城の行政組織も、城を再建する際に直正公が直接指揮できるように、行政機関の一元化を図って迅速な対応が出来るように変えていきます。これには直正公が臣下とのコミュニケーションを身分の上下を問わず、密にとれるようにと考えたものでした。

大坂商人達からの借銀も、分割期間を延ばしてもらったり、交渉してかなり削ってもらったり、無くしてもらったりなどして、軽くなっていきました。そんな直正公の力量を大坂商人たちは認めて、「そろばん大名」という異名をつけたほどです。

このように、直正公は自らの指導力をもって、瞬く間に改革が成功していきました。

これが「佐賀藩の天保改革」です。

直正公に現代のボクらが教わることは、学問の「正しい」使い方とその有効性ではないでしょうか?

逼迫(ひっぱく)した佐賀藩の現状をまず十分に把握し、一つひとつの課題に対して感覚的に対処するのでなく、各問題に即した現実的で適切な処置を施していきました。こういうやり方を「課題分割」と言いますが、この改革だけ取り出してみても直正公は、学識に優れた大変素晴らしい藩主であることが分かります。学問による思考の裏付けがないと、このようなことは出来るはずがないからです。

幼い頃に古賀穀堂という優れた師と出会えたことも幸運だったでしょう。そして、師の教えをしっかりと血肉に換えて、超マイナス状況の藩の財政を立て直し、民の生活を豊かにしました。そもそも経済とは「経世済民(けいせいさいみん)」が本来の語義です。つまり、

「世を経(おさ)め、民を済(すく)う」というものです。直正公は培った学問によって、この「経済」を実践したのです。

まさに賢公です。
鍋島直正

次回は、藩の財政を立て直した次に、直正公が行った偉大な功績の数々について書きます。お楽しみにー!


back number
鍋島直正(1)
鍋島直正(2) -誕生-

テーマ:歴史大好き! - ジャンル:学問・文化・芸術

鍋島直正公 | コメント:0 |
| ホーム |