CROSSROADS×Nagasaki  -クロスロード×長崎-

異国文化が交差した長崎を科学と情熱で探究

端唄「春雨」 長崎の花街情緒薫る名歌

「春雨」

春雨に
しっぽり濡るる 鶯(うぐいす)の
羽風に匂う 梅が香や
花にたわむれ しおらしや
小鳥でさえも 一筋に
ねぐら定めぬ 気は一つ

わたしゃ鶯 
ぬしは梅
やがて身まま 気ままになるならば
サァ 鶯宿梅じゃ ないかな
サァサ 何でもよいわいな

作詞者:肥前小城の藩士 柴田花守
節付け:丸山の遊「女おかつ」

春日芝きみ さんの素晴らしい演奏は↓





長崎のうた | コメント:0 |
<<鉄砲を伝えたのはポルトガル人ではない!? 4 | ホーム | 長崎マニアの皆様、初めまして。。>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |