CROSSROADS×Nagasaki  -クロスロード×長崎-

異国文化が交差した長崎を科学と情熱で探究

鍋島直正(4) - 最強の Fe -

日曜日、佐世保へ行こうと思いきや、高速道路の途中でスッキリさっぱりと気が変わり再び佐賀へ。

佐賀は明治維新150年記念「肥前さが幕末維新博覧会」
デジタルとアナログを駆使して絶賛開催中で盛り上がってます!
日本の明治維新は佐賀から始まったことがよくわかるコンテンツぞろいです。
ぜひ一度は足をお運びください!!

肥前さが幕末維新博覧会
肥前さが幕末維新博覧会 会場内 大画面デジタルコンテンツ


さて本題ですが、みなさんは明治日本が発展していく契機となった物質は何だと思いますか?
人ではなくて物質です。今回はこの観点から話を進めていきます。

いきなり答えを言えば、それは確実に「鉄(Fe)」です。

歴史の話なのにアレですが、鉄がどのように作られていくのかをご存知でしょうか?
今では身の回りにあり過ぎるほどあるのに、自分ではまず作れない。でもまるで関心を寄せない、そのようなモノの代表格でしょう。

Fe(鉄)がどのように取り出されていくのかを、簡単に化学式で表すと次の3つの工程になります。下の図の溶鉱炉の中では、1~3の化学反応が進行して、一番下から鉄が取り出される仕組みです。
製鉄法

1:3Fe2O3(鉄鉱石) + CO(一酸化炭素) → 2Fe3O4(四酸化三鉄) + CO2(二酸化炭素)

2:Fe3O4(四酸化三鉄) + CO(一酸化炭素) → 3FeO(酸化鉄)+ CO2(二酸化炭素)

3:FeO(酸化鉄)+ CO(一酸化炭素) → Fe(鉄) + CO2(二酸化炭素)

ハイ、出来ました。

…とは、なかなか簡単にならないんです:(;゙゚'ω゚'):

なにせ、鉄が溶ける温度が1,538℃。このような高温に達するために、今でも相当な技術が要求されています。幕末の日本人が鉄をどのようにして大量に使用することが出来たのでしょうか?これには工学の知識と技術に加え、高度な化学の知識も同時に必要になります。

ただ、当時、「鉄を自由に使える能力がある」ということが意味するのは、いろんな意味で「最強」だということです。

2015年に明治日本の産業革命遺産群が世界遺産に登録されました。そのほとんどが「鉄」との関連にあります。鉄を使ってインフラが整備され、船が建造されて交易も豊かになっていきました。日本の産業革命遺産は日本の近代化に大きな役割を演じたことは言うまでもないでしょう。

幕末の日本がこの製鉄業を、いかにして主要産業へと成長させたのか。その答えが長崎港にあり、ここを統括していた佐賀鍋島藩の科学技術の発展と「肥前の賢公」第十代藩主:鍋島直正公やその家臣たちの血のにじむような尽力にあるのです。きっかけとなったのは、前回(※「鍋島直正(2) -誕生-」)書いたように、大英帝国の侵略行為でした。直正公は長崎からオランダ人を通じてもたらされる情報によって、アヘン戦争などもいち早く情報を得ています。その情報書を「別段風説書」と言います。
別段風説書
「別段風説書」早稲田大学図書館 (Waseda University Library)

そもそも「風説書」はカピタン(オランダ商館長)が口述したものを、阿蘭陀通詞がまとめたものを言います。以前は、これも前回紹介しましたが、「オランダ風説書」というものがありました。しかし、別段風説書の方はこれとは別にインドネシアを植民地にしていたオランダがバタヴィアの植民地政庁で作成したものです。この提供はアヘン戦争勃発直後から始まります。その理由として、バタヴィアの植民地政庁にいるオランダ人が、チャイナにおけるアヘン戦争とその影響を、これはいち早く江戸幕府に知らせた方が良いと判断したためでした。

直正公はこれを読み、すぐに長崎警備を強化すべく奔走します。

まず、佐賀藩内での演習で、優れた砲術演習を行った武雄領主:鍋島茂義を砲術師範に命じて、家臣らに西洋砲術の修得を行わせました。1842年3月には佐賀城下に「蘭方稽古場」を設置して、蘭伝石火矢製造所を設け、大小の銃製造に着手します。そして、翌年モルチール砲、三ポンド野戦砲などの青銅大砲を完成させました。これは薩摩藩より3年も早く達成しています。
モルチール砲
モルチール砲 佐賀城本丸

1844年には、家臣の制止を振り切って、直正公自らが長崎港に来航していたオランダ船パレンバン号を視察します。危険をかえりみず、直接自分の目で見て確かめ、学ぶという姿勢を家臣らに示したのです。オランダのコープス大佐は、この直正公の真剣に学ぶ姿勢に中途半端な対応はできないと感じ取り、後に海軍創設を勧める忠告書を贈っているほどです。直正公は島津斉彬公と同様、「蘭癖(らんぺき)大名」と呼ばれていましたが、コープス大佐は直正公の真剣な眼差しに、この人は単なる蘭癖ではないと感じ取ったのでした。更に、佐賀藩はこの時既に「佐賀藩火術方(かじゅつかた)」を設置し、モルチール砲だけでなく、オランダ火打銃百挺の製造も開始しています。

つまり、この時点で既に日本で最強で最新の軍事力を持っていたことになるのです。

ちなみに、直正公と薩摩の島津斉彬公は母が姉妹のいとこ同士の関係で仲もよく、若い頃に様々な話をし合っていた仲でした。斉彬公の次の言葉をこの「鍋島直正公」シリーズのはじめ(※鍋島直正公(1))に書きました。ここで、その意味がよく理解できると思います。

「西洋人モ人ナリ、佐賀人モ人ナリ、薩摩人モ同ジク人ナリ。退屈セズ倍々(ますます)研究スベシ」

これは、佐賀の科学技術が薩摩をはるかに凌駕していたので、薩摩の家臣たちを鼓舞するために発せられた言葉です。いかに佐賀藩が日本の科学技術の最先端を走っていたかが間接的によく分かる言葉です。結局薩摩では出来ずに佐賀藩に頼ってはいますが・・・。

次回は佐賀が日本で初めて建造した反射炉の話からいきます!

では、お楽しみにー!

back number
鍋島直正(1)
鍋島直正(2) -誕生-
鍋島直正(3) -経済の真義-

肥前さが幕末維新博覧会
みんなで行こう!「肥前さが幕末維新博覧会」
2019年1月14日まで!

テーマ:歴史大好き! - ジャンル:学問・文化・芸術

鍋島直正公 | コメント:0 |
| ホーム | 「長崎事件」 -国際化についてちょい考える->>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |