CROSSROADS×Nagasaki  -クロスロード×長崎-

異国文化が交差した長崎を科学と情熱で探究

お母さんが預かったお年玉の行方 家事に専念せんね編

揃いの赤いジャケットを羽織り
棄てられた孤島の中を
並んで歩いたあの日。

行き止まりまでの最後の曲り角で
海原の彼方を見つめながら
男は歴史の時計を動かし始める祈りをつぶやく。


「ティーチャー、グラバーさんのこと広めんとマズイっすね、
特に子どもたち」



柔らかな髪をなでながら
いつものようにさらさらと
言の葉は木の葉のように

歴史の始まりの祈りに
海原をなでる北西の風のように
男は優しく剛く、応えた。


「そやろ?やっぱね~わかっとるね~祐さん、やろうか?」






crossroadsブログをご覧の皆様、こんばんわ。
今日も合計5時間くらい浜の町のドトールにいた
わたしですが、いかがお過ごしでしょうか。

長崎活動(と勝手に名付けています)のために
色々と出かけて写真を撮ったりしながらさるいているわけですが
のっぽの、爽やかでもないおじさんがひとりで
パンフレット片手にiphoneやミラーレス一眼で
グリーンの芝の目を読むように写真を撮ったりしていると

すんごく
怪しいんですよ・・・

長崎の街のこと

興味はあるけどキッカケがない

何からやろうか迷ってる

魅力を語る同志が欲しい


そんな方がもしいらっしゃったら
一緒にやりませんか?
ぼくももう、冷ややかな視線を浴びながら
公共の施設でひとりで四つん這いになり
マニアにしかわからない角度で写真撮るのが
辛いんです・・・


共同管理人であるわたくし たかお のfacebookページ

https://www.facebook.com/profile.php?id=100004146079005&lst=100004146079005%3A100004146079005%3A1486380894&sk=friends&source_ref=pb_friends_tl

お友達申請して頂きたく存じます。
このブログを読んで、とコメントしてもらえたら幸いです。



ドトールの二階で、
友達がfacebookにあげた飲み会の楽しそうな写真の
「全員集合!やっぱ仲間最高」
という投稿に

「呼ばれてませんが」

とコメントしようか悩んでる青年がいたら
それはわたしです。



今日の一曲  しばたはつみ My Sweet Little Eyes






管理人:Takao の ぶらぶら噺 | コメント:0 |
<<「肥前の妖怪」 鍋島直正 1 | ホーム | 鉄砲を伝えたのはポルトガル人ではない!? 5>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |