CROSSROADS×Nagasaki  -クロスロード×長崎-

異国文化が交差した長崎を科学と情熱で探究

太古より 1

たくさんの異国文化が融合してきた長崎の新たな科学的な通史を創っていきます。
古今の文献を調査し、いろんな場所を巡り、自然や偉人達が積み上げてきた魅力あふれる長崎を詳しく知ろうというインセンティヴから、軽快にフィールドワークを始めます。
志を共有する人達と共に、これまでにない歴史が楽しみながら編めれば良いなと思っています。

では、スタートははるか太古の夫婦から。

長崎の岩石類は地質年代でおよそ3つに分類できる。
1:変成岩類・・・野母崎半島の大半や北部西彼杵半島を占める中生代に形成された岩石
2:堆積岩類・・・高島・端島(軍艦島)・伊王島など、新生代 古第三紀に形成された岩石
3:火山岩類・・・長崎市中心部を占める新生代 新第三紀から第四紀にかけて形成された岩石
「長崎変成岩類と呼ばれるものは、主に結晶岩・蛇紋岩・変成斑レイ岩であり、これらが長崎の基盤となっている岩である。白亜紀後期(9000万~6000万年前)に編成されたものが、長崎と西彼杵半島に見られる岩石である。
中でも、野母崎半島のながさきサンセットロードの以下宿(いがやど)にある「夫婦岩(めおといわ)」は、最も古い岩石のひとつで、約4億8000万年前前にできた変成斑(はん)レイ岩。

夫婦岩
この編成斑レイ岩の「夫婦岩」や「綱掛岩(つなかけいわ)」は九州最古の岩石であり、これらが分布する周辺海岸を「野母崎変はんれい岩露出地」として、2005年1月4日、長崎県の天然記念物に指定された。

夫婦岩説明

サンセットロード

第三紀には生物の「大量絶滅」が起きた。現在のところ、寒冷化による絶滅や地磁気消滅説など諸説ある中で、最も有力な原因とされているのがメキシコのユカタン半島付近に衝突した隕石によるものである。この威力はすさまじくて、一説には広島型(ウラニウム型)原子爆弾のおよそ30億倍で、直径180kmに渡るクレーターが出来たほどである。

この後に新生代(6600万年前)が始まるが、この初期である古第三紀に高島や端島(軍艦島)などの「端島層」が形成されたのである。日本最大の海底炭田「高島炭田」の誕生である。

ここで、「石炭」とは何か?

恐竜たちが繁栄した中生代には現在の10倍ほどのCO2(二酸化炭素)があったと推定されている。大量にあるCO2のおかげで、植物は光合成を行い、草食恐竜たちが食べても食べても食べてもなくならないほどの植物が繁茂していた。こうした数億年前の植物が完全に腐敗分解する前に地中に埋もれ、そこで長期間に渡って地熱や地中の高圧力を受けて変質したことによって生成された物質であり、つまりは植物の化石である。

長崎の石炭は、瀝青炭 (れきせいたん bituminous coal)といって、炭素含有量83~90%の良質な石炭である。粘結性が高いものは製鉄業におけるコークス原料に使われ、最も高値で取引される石炭なのである。
蒸気機関発祥の地イギリスで、石炭の燃焼実験があった際にも長崎の石炭はどの石炭よりも優秀であるという結果となった。
高度経済成長期までの日本を支えたと言っても過言ではないのが、こうした長崎の世界最優良炭なのである。
長崎の太古からの歴史は石炭だけに留まることはない。あの恐竜たちのパラダイスでもあった。

「夫婦岩(めおといわ)」
長崎県長崎市以下宿町  ※バス停横に小さな展望所とトイレあり
バス:JR長崎駅→長崎バス「樺島(かばしま)」行きまたは「岬木場(みさきこば)」行きで40分、以下宿下車、徒歩1分
車 :長崎道長崎ICから国道499号経由25km 35分
問い合わせ先 長崎市野母崎行政センター
電話:095-893-1139


次回は、恐竜にスポットを当ててみようと思います。

テーマ:博物学・自然・生き物 - ジャンル:学問・文化・芸術

地質 | コメント:0 |
<<長崎市の教会一覧 | ホーム | 太古より 2>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |