CROSSROADS×Nagasaki  -クロスロード×長崎-

異国文化が交差した長崎を科学と情熱で探究

in a galaxy, a little far away....

日本時間:2017年2月23日未明、NASAの Spitzer Space Telescope が、一つの恒星を巡る地球と同サイズの7つの星を発見したという重大発表がありました。



このうち3つが「ハビタブルゾーン」と呼ばれる生命が誕生するのに適当な領域に含まれていて、そのほとんどが水を持つ岩石の惑星。
.
私たちの太陽系の外に発見されている「ハビタブルゾーン」のうちで、1つの恒星を巡る「7つの星」というのは最も数が多く、更に、この全てに水があるかもしれないというのです。

もちろん、「水」は全ての生き物にとって重要なものであり、地球から約40光年と遥かに離れたここに、地球外生命体の可能性があるということになります。

これまでも、2015年7月27日、NASAの系外惑星探査衛星「ケプラー」が、はくちょう座の方向1400光年に位置する恒星に系外惑星を発見してました。これが「ケプラー452b」。これまでにケプラーが見つけた系外惑星の数は1030個、系外惑星の候補の数は4696個でしたが、今回の発見はこの内容を越える大発見となります。

そして、この発見によって地球で私たちが一人ぼっちでなかった、という科学的にもトップクラスの重要性が示されました。それはあたかも「パズルの重要なかけらが見つかったかのようなものだ」、と Thomas Zurbuchen (associate administrator of the agency’s Science Mission Directorate in Washington)は言っています。

ついにこの発見が、ハビタブルゾーン解明の「ゴール」へといざなうのか?

NASA

宇宙物理&天体 | コメント:0 |
<<10:黒崎教会 1 | ホーム | 8:大野教会堂>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |