CROSSROADS×Nagasaki  -クロスロード×長崎-

異国文化が交差した長崎を科学と情熱で探究

岩崎弥太郎 ~世界の海運業への道のり~ 2

岩崎弥太郎伝をすっかり忘れてました:(;゙゚'ω゚'):

岩崎弥太郎 ~世界の海運業への道のり~ 1

既に最終話までは原稿書いているんですけどね・・・
得意の放置プレイです。では、予告通りの「船中八策」から!


慶應三(1867)年六月、坂本龍馬は、京都に上っていた前土佐藩主の山内容堂に対し、大政奉還を進言するために藩船の夕顔丸で長崎を出航し、洋上で後藤象二郎に口頭で提示したものを海援隊士の長岡謙吉が書きとめ成文化したと、されている。内容はこうだ。

「船中八策」
一、天下ノ政権ヲ朝廷ニ奉還セシメ、政令宜シク朝廷ヨリ出ヅベキ事。
二、上下議政局ヲ設ケ、議員ヲ置キテ万機ヲ参賛セシメ、万機宜シク公議ニ決スベキ事。
三、有材ノ公卿諸侯及ビ天下ノ人材ヲ顧問ニ備ヘ官爵ヲ賜ヒ、宜シク従来有名無実ノ官ヲ除クベキ事。
四、外国ノ交際広ク公議ヲ採リ、新ニ至当ノ規約ヲ立ツベキ事。
五、古来ノ律令ヲ折衷シ、新ニ無窮ノ大典ヲ撰定スベキ事。
六、海軍宜シク拡張スベキ事。
七、御親兵ヲ置キ、帝都ヲ守衛セシムベキ事。
八、金銀物貨宜シク外国ト平均ノ法ヲ設クベキ事。

以上八策ハ方今天下ノ形勢ヲ察シ、之ヲ宇内万国ニ徴スルニ、之ヲ捨テ他ニ済時ノ急務アルナシ。苟モ此数策ヲ断行セバ、皇運ヲ挽回シ、国勢ヲ拡張シ、万国ト並行スルモ、亦敢テ難シトセズ。伏テ願クハ公明正大ノ道理ニ基キ、一大英断ヲ以テ天下ト更始一新セン。

この8つを訳すと概ね次のようになる。

1、江戸幕府は政権を朝廷に還し、政令は朝廷が発すること。→大政奉還
2、上下の議会を設けて、そこに議員を置き、全てを参加させて、全て公の議論で決めること。→議会政治の開始
3、有能な公卿や諸侯、その他天下の人材を顧問として登用し、従来の有名無実の官職を除くこと。→人材登用4、外国との交際については広く議論して、新たな規約を立てること。→不平等条約の改正
5、古来の律令を改訂し、新たに永遠となる憲法を制定すること。→憲法制定
6、海軍をうまく拡大すること。→軍事拡大
7、政府直属の親兵を置いて、帝都を守護させること。→国家防衛
8、金・銀物価を外国と平均する法を設けること。→不均衡通貨レートの改正


どれも近代国家になくてはならないものだが、やはり坂本龍馬も「8」を重視していたことがわかる。なぜなら、これこそが国家の富が流出した元凶だからである。

■ 歴史をちゃんと理解するための経済学 2 幕末通貨交換比率問題
■ 歴史をちゃんと理解するための経済学 3 幕末通貨交換比率問題

この後、十月十四日。京都二条城にて、坂本龍馬の提案によって、徳川慶喜は政権を朝廷へ返還し、「大政奉還」が実現した。

新時代の幕開けかと思われたが…

その矢先、京都の近江屋で何者かによって暗殺される。享年31歳。日付:十一月十五日(新暦:12月10日)
この頃、岩崎弥太郎は大坂に滞在していたが、後藤象二郎からこの訃報を聞きショックを受けたと言われている。しかし、世界の「海援隊」志の火を消す訳にはいかないと思い直し、坂本龍馬の意志を受け継ぐ決心をするのであった。

慶應四(1868)年一月 鳥羽伏見の戦いが勃発。四月に維新軍は江戸城を接収し、薩摩・長州による明治新政府が樹立した。そうした時代の流れに抗えず、海援隊は解散せざるを得なかった。

岩崎弥太郎は矢も盾もたまらず海援隊に駆けつけた。そして、行く宛のない海援隊の隊士を土佐商会が引き取りたいという旨を長岡兼吉に伝え、彼らの面倒を見ることになる。この時、長岡から弥太郎は海援隊の旗を受け取るのである。

海援隊旗
この旗は二曳(にびき)と呼ばれていた。・・・この海援隊旗のデザイン、覚えておいてほしい。

ちなみに、この長岡兼吉は土佐藩の医師の家の出自で、あのシーボルトから鳴滝塾で医学を学んでおり、龍馬死後は海援隊の二代目隊長を務めていた。
海援隊
<海援隊>
この集合写真は、左から長岡謙吉、溝渕広之丞、坂本龍馬、山本洪堂、千屋寅之助、白峰駿馬である。


時は進み、明治二(1869)年。この頃、岩崎弥太郎は「土佐商会」で責任者として活躍していた。翌年には社名を「九十九(つくも)商会」と改め、ここから海運業にも乗り出すになる。「九十九」は土佐湾の地名「九十九浦」にちなんでつけられたものである。

明治四(1871)年七月、弥太郎の今後を決定づけたのが、新政府による「廃藩置県」である。従来の藩はなくなり、武士の時代が終わりを告げることになった。これにより、弥太郎は土佐藩官職位を失ったため、九十九商会の経営者となった。しかし、九十九商会には四万両という多額の借財が存在したが、その借財まで含めた一切合財を弥太郎は進んで引き継ぎいだのであった。

明治六(1873)年三月、社名を「三菱商会」に変更。現在のスリーダイヤのトレードマークは次のような成り立ちがあった。

flags.gif

三菱グループポータルサイトより

弥太郎は世界を海運業でかけ巡り、世界中の港に日の丸を掲げることを目指した。
このようにして、弥太郎は海援隊の継承に向け、龍馬が目指した理想に向けていよいよ舵を取ることになったのである。

しかし、そこに待ち構えていたのは国内外での熾烈な競争だった。

dejima_agin_rogo-3.png






テーマ:歴史大好き! - ジャンル:学問・文化・芸術

三菱関連 | コメント:0 |
<<オススメ!長崎グッズ!! | ホーム | 歴史をちゃんと理解するための経済学 3 幕末通貨交換比率問題>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |