CROSSROADS×Nagasaki  -クロスロード×長崎-

異国文化が交差した長崎を科学と情熱で探究

岩崎弥太郎 ~世界の海運業への道のり~ 4

もう飲んでも、筋トレしても、ギター練習しても、飲みながら映画観ても、にゃんと戯れてもさっぱり眠れないので、前回の続きを書こうと思い立ちました。結局、紫がかった東雲の空の頃寝落ちしました(;・∀・)

弥太郎4、いきまーす!!


明治七(1874)年4月、三菱商会はすさまじい経営努力の甲斐あって、業界2位へと躍進し、東京へ進出した。
船も10隻に増やし、社名を「三菱蒸気船会社」に変更。

この前年である明治六(1873)年11月に父の弥次郎が急逝。弥太郎の懇願もあって1年で留学を中断してアメリカ留学から戻った弟:弥之助も経営に参加していた。

岩崎弥之助
<DATA>
岩崎弥之介
■1851年2月8日~1908年3月25日(満57歳没)
■出生地:土佐国安芸郡井ノ口村


現在のように三菱が造船・金融・地所・倉庫など多角化したのは、この弥之介の功績である。1890年には、当時の価格10万円で、端島(軍艦島)炭鉱を購入している。また、後藤象二郎の長女:早苗子と結婚している。いずれグラバーの関連でまた登場することになるだろう。

そして、明治七(1873)年5月、三菱躍進の転機となる事件:台湾出兵が起こる。

台湾出兵
<台湾出兵>
この事件は、台湾に漂着した琉球島民54人が殺害されたという事件があった。この犯罪捜査などについて、清朝政府が「台湾人は化外(けがい)の民で清政府の責任範囲でない事件(清政府が実効支配してない管轄地域外での事件)」として責任回避した。明治七(1874)年に明治政府が行った台湾への犯罪捜査などのための出兵である。54人が殺害されたという大規模な殺戮事件であるから、警察ではなく軍を派遣したのである。これは日本軍が行った最初の海外派兵であった。


話はそれるが、時の清朝政府が台湾の事を「化外」の地と考えていたということが公に語られている点である。・・・いずれこの話も詳細にすることがあるだろう。今の中華人民共和国の主張する台湾への考えと真逆だからである。

台湾出兵に際し、国には軍需物資を送る船と乗組員が不足していた。時の大蔵卿:大隈重信は、当然のように運輸業界トップの日本国郵便蒸気船会社頭取:岩橋万蔵を呼び、船を出させる提案をするが、外国への輸送は未経験という理由から、この提案を拒否する。

大隈重信
<DATA>
大隈重信
■1838年 3月11日~1922年1月10日 (満83歳没)
■出生地:肥前国佐賀
■内閣総臣(第8・17代)を歴任。早稲田大学の創設者であり、初代総長。
■身長:180cm (歴代内閣総理大臣の中で最も背が高い)


ただ、この岩橋万蔵がこの提案を拒否した裏には、自分らが断ればこの話が業界2位の三菱に行き、三菱がこの仕事を請け負えばその隙に日本の海運業の市場を独占し、主導権を更に盤石に出来るという考えがあったのである

しかし、弥太郎にはこれに対抗する策があった。それは政府が戦争のために購入していた10隻の船の借用を、この台湾出兵という政府の急場に付け込んで、申し出ることによって、これらの船を今後自由に使えるようにすることであった

そして弥太郎の目論見通り、台湾出兵後も政府の大久保利通より、この10隻の船の無償で使用許可を取ることが可能になる。大久保にとっては、海運に新参者の弥太郎への不信があった。しかし、海のプロフェッショナルを備えているという自負が弥太郎にはあった。なぜなら・・・・三菱にはあの解散した「海援隊」のメンバーを揃えているのであるからだ

大久保利通

<DATA>
大久保利通
■1830年9月26日~1878年5月14日(満47歳没)
■出生地: 薩摩国 鹿児島城下高麗町
西郷隆盛、木戸孝允と並んで「維新の三傑」と称される。台湾出兵の戦後処理のために全権弁理大臣として9月14日に清に渡り、交渉の末、10月31日、清が台湾出兵を義挙と認め、50万両の償金を支払うことを定めた日清両国間互換条款・互換憑単に調印した。ちなみに「義挙」とは正義のために行動を起こすという意味である。


これで、当初ライバルであった日本国郵便蒸気船会社を抜いて船舶所有数は21隻となって国内1位となり、台湾出兵で失った市場を瞬時に取り戻すことが出来たのである

更には、このようにして弥太郎は政府との大きなパイプを作った「政商」となり、政府からの支援金を年に25万円、台湾出兵後も船12隻を無償で借用することも出来たのであった。

 一方、この台湾出兵を契機として政府から見放された日本国郵便蒸気船会社は解散、三菱はこれを吸収し、「郵便汽船三菱会社」となった

ビジネスの業界において、このような一石二鳥のプランはそう易々と訪れるものではないだろうが、岩崎弥太郎がちゃんとしたビジネスの「機」を見ることに長けていたことを示す例の一つだと思われるし、リスクを背負い、認識し行動することの信頼度の高さがしっかりと政府側にも伝わったと思われる。

ボクも経営の立場にいるので人を見る時、この点は大変重要なポイントとなっている。リスクを背負わずに、外野からあーだこーだと指南するのは誰だって出来ることで、これがパートナーとして信頼できない人の典型と考えている。

自らの身の丈を認識せず、有能な部下のおかげで成り立っていることを忘れ、いわゆる数学的なリスクヘッジも行わず、感情の赴くまま拡大再生産をする経営者に誰もついていくはずがない。

この点において、岩崎弥太郎はやはり素晴らしい経営者である。自らリスクを背負い、権力者の顔を立てつつ自分の優位な条件を獲得する。もちろんここにはしっかりとした将来への予見も含まれていたのかもしれない。このような段階を踏まえているからこそ、次に訪れる最大の危機にあたって、後に紹介することになるが、社員達も一丸となって身を粉にし、三菱の危機を回避しようというモチベーションが生じたのである。


これで日本最大手となった弥太郎の次の目標は、外国船との闘争に勝つことであり、海運自主権を回復することにあった。ここに弥太郎の公民としての意識の高さもうかがい知ることが出来る。

当時は外国への航路が外国資本に独占されていた。そこへ大久保利通より、上海航路開設に向けた取り組みをしてもらいたいという依頼が舞い込む。

これで坂本龍馬との夢の実現へ向けて、世界の海運業へと乗り出すことになるのである。
世界の「海援隊」へと向けた、最初の船出であった。

■岩崎弥太郎 ~世界の海運業への道のり~ 1
■岩崎弥太郎 ~世界の海運業への道のり~ 2
■岩崎弥太郎 ~世界の海運業への道のり~ 3

dejima_agin_rogo-3.png






テーマ:歴史大好き! - ジャンル:学問・文化・芸術

三菱関連 | コメント:0 |
<<岩崎弥太郎 ~世界の海運業への道のり~ 5 最終回 | ホーム | 岩崎弥太郎 ~世界の海運業への道のり~ 3>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |