CROSSROADS×Nagasaki  -クロスロード×長崎-

異国文化が交差した長崎を科学と情熱で探究

岩崎弥太郎 ~世界の海運業への道のり~ 5 最終回

岩崎弥太郎の話も今回が最終話。書いてて胸が熱くなりました…。
では、いきましょう!

弥太郎が目指した日本の海運業の海外からの自立。
しかし、当時上海航路はアメリカの「パシフィック・メイル社(Pacific Mail Steamship Company 1848年創業で、アメリカ政府の助成金を手太平洋定期航路を開設していた)」が独占していた。ここでいう上海航路とは横浜、神戸、下関、長崎、上海を結ぶルートである。この巨大な外資に勝つ見込みなど未知数であり、相当な覚悟とバックグラウンド、資本を要するものであった。

この上海航路を巡って、パシフィック・メイル社と三菱との戦いの幕が上がったのである。

戦いの手段は「値下げ競争」である。これは双方にとって大変苦しい戦いとなった。明治八年2月から10月にかけての三菱の運賃は、横浜―上海間30円から8円へ下がった。今の物価に引き直すと、30万円から8万円への値下げである。実に73%減。そのため三菱の負債は増加の一歩を辿る。このまま値下げを続けていては会社の存亡に関わる。

しかし、弥太郎は勝つまで止めないという信念の下、値下げ競争が継続していた。ここでパシフィック・メイル社がついにこの値下げ競争に音を上げた。彼らの上海航路からの撤退を条件に、彼らの設備と船を三菱に購入して欲しいという要求を飲み、弥太郎は交換条件として今後30年間パシフィック・メイル社が日本航路へ復帰しないことを約束させたのであった。

だが、外資との戦いはこれで終わりではなかった。

パシフィック・メイル社の撤退を期に、イギリス最大の海運業者であるP&O社が参入してきたのである。この世界最大の海運業者との戦いを三菱は再び行わねばならなくなった。

やはりこの戦いでも値下げ競争が始まった。パシフィック・メイル社との戦いの直後で満身創痍の三菱は、やむを得ず会社経費を徹底的に削減するという策に出ることとなった。

しかし、三菱の役員連中から、自分たちの給与を半分にしてほしいという懇願も出た。経営者に人徳があると、このような苦境の中でも社員はついていく、という正に典型的な社員たちの振る舞いである。このような会社にいることが誇りに思える社員は苦境の中でも幸せだっただろう。ただ、弥太郎を初めとして、社員もこのまま値下げ競争をしては負けることがわかっていたが、なかなか妙案は浮かばなかった。

そこに、以前坂本龍馬が言っていたことを思い出した、という。それは次のようなものであった。

資本金がなかった海援隊は、ある藩に武器の購入を持ちかけて輸入を代行する。そしてその藩からの金を運用し、別の藩にその金を貸して武器を買わせる。このようにして、船荷をダシにして金を貸して儲けていく、というものであった。こうしたキャッシュフローの円滑化によって、流通が拡大していくのである。

これをヒントに、弥太郎は「荷為替金融(にがわせきんゆう)」という起死回生の秘策を思いつくこととなる。これは、荷主が船荷を担保にして融資を受けられるサービスのことであり、顧客の流出を防ぐことも出来る優れた案であった。

海運業者である三菱の顧客の荷主には問屋が多かった。この問屋とは、江戸時代に荷主から委託された貨物を販売したり、または、商品を仕入れて販売したりした卸売商人のことで、室町時代の問丸(といまる)が分化・発達したものである。

弥太郎が商品である荷を担保にして資金を荷主に貸し付けるという、この「荷為替金融」を始めたところ、顧客の定着と融資先からの金利獲得が可能になった。これも一石二鳥の策で、これ以降P&O社との戦いは有利に運んでいったのである。

そして、この「荷為替金融」のシステムが発展し、「三菱銀行」が設立した。

こうして9ヶ月に及ぶ値引き競争に敗れたP&O社は日本から撤退し、外国資本との戦いに勝利したのであった。

・・・しかし、世界の海運業へと乗り出し、サンフランシスコに日の丸の国旗を掲げる夢が実現することはなかった。

胃がんを患い、志半ばでついに倒れたのだ。最後の力を振り絞って遺した言葉は、「まだ志半ば、十のうち一つか二つしか達成しとらん。けんど、もはや仕方ない。みな、わが志を継ぎ、事業を落とすことなかれ」というものだ。

その日は明治十八(1885)年2月7日、家族・社員、あわせて40名に見送られて岩崎弥太郎はこの世を去った。享年50歳であった。

その後、郵便汽船三菱会社は共同運輸と合併し、「日本郵船会社」が設立された。三菱出身の日本郵船社長、近藤廉平は、明治二十九(1896)年、日本発のアメリカ・オーストラリア・ヨーロッパの定期航路を開発した。

ここに岩崎弥太郎の悲願がついに達成されたのである。

その最初の船の名は「土佐丸」。日本最初の5千トン級の大型貨客船であった。マストに掲げられた旗は、共同運輸と三菱を象徴する、白地に赤二本線の二引きの旗。それは奇しくもあの「海援隊」の旗に良く似ていた。これが、以前この<シリーズ2>で、覚えておいてほしい、と言っていたものである。

日本郵政社の旗
日本郵政社の旗

海援隊旗
海援隊旗

この二つの旗を見比べるにつけ、ボクには岩崎弥太郎や弥之助らの、坂本龍馬への尊敬の念を感じとってしまう。本当はこの旗に込められた当初の意味は全然違ったものかもしれない。しかし、度重なる困難に知恵と努力で立ち向かい、諸外国から日本を自立させようとする精神が脈々と130年以上も続く今の「日本郵船」に引き継がれているとしたら、この重厚な歴史が美しい結晶となって過去から学ぼうとする人を魅了すると思う。

そして、三菱は弥之助以来の多角経営により、造船業をはじめとして、世界の大企業へと成長していった。

最後に、次のエピソードをぜひ知ってほしい。

大正11(1922)年11月17日、アルベルト・アインシュタインを乗せた日本郵船の北野丸は、瀬戸内海を通って、神戸港に近づいた。フランスのマルセイユを出てから、1カ月以上の船旅だった。瀬戸内海の景色について、アインシュタインはこう記している。

 私の好奇心が最高潮に達したのは、「北野丸」が日本の
海峡を進むとき、朝日に照らされた無数のすばらしい緑の
島々を見た時でした。
 [1,p140]

景色ばかりでなく、その時に同乗していた日本人船客らの態度も、アインシュタインを感動させた。

 しかし、いちばん輝いていたのは、日本人の乗客と乗組
員全員の顔でした。いつもは朝食前にけっして姿を見せた
ことのない多くの華奢なご婦人たちは、一刻も早く祖国を
見たいと、ひんやりとした朝風も気にせず6時ごろにはい
そいそと甲板に出て、楽しげに歩き回っていました。私は
そうした人々を見て深く感動しました。

日本人は、他のどの国の人よりも自分の国と人びとを愛
しています。
・・・[1,p140]

これが、アインシュタインの40日以上に渡る日本滞在の始まりだった。

日本郵船とアインシュタイン 
※<アインシュタインの見た日本


弥太郎の精神を受け継ぐ三菱の社訓:三綱領は次の通りだ。

所期奉公 :期するところは社会貢献である。
処事光明 :フェアープレイに徹しなければならない。
立業貿易 :グローバルな視野で考えて行動せよ。

この社訓を読むと、弥太郎の理念が良く理解できる。大変素晴らしい社訓である。しかし、多角化し、巨大化した今の三菱の社員達全員がこの社訓を暗記し、その歴史の重みを十分理解して行動していると言えないはずだ。

なぜなら・・・特に昨今の度重なる三菱自動車の不正のニュース:パジェロ事件・リコール隠し・燃費改竄(かいざん)などを聞くにつけ、この初期理念はどこへ行ったのか?と思うからである。これまで書いてきた岩崎弥太郎らのすさまじい努力の歴史を知って、そのような三菱の社員であることに誇りを持てるような教育がなされていないことに由来する、一連の事件なのだろう。三菱の復活のために、全員がこの素晴らしい理念にもう一度立ち返ってみる必要があるだろう。

高島 岩崎弥太郎像
長崎市高島町 岩崎彌太郎之像

最終話を書き終えて、岩崎弥太郎のこうした生きざまを整理して考え直すと、この立像をまた訪れたくなります。全部読んでくれた人も、弥太郎のことを知ってこの像の前に立つと、また違ったまなざしで対峙することが出来るのではないでしょうか。
ボクらにかかわる一人でも多くの子供たちが歴史からの有機的な学びを得て、その後の人生に活かされるよう、ボクら自身も襟を正される思いがします。



■岩崎弥太郎 ~世界の海運業への道のり~ 1
■岩崎弥太郎 ~世界の海運業への道のり~ 2
■岩崎弥太郎 ~世界の海運業への道のり~ 3
■岩崎弥太郎 ~世界の海運業への道のり~ 4


テーマ:歴史大好き! - ジャンル:学問・文化・芸術

三菱関連 | コメント:0 |
<<Nill style cafe 復活! | ホーム | 岩崎弥太郎 ~世界の海運業への道のり~ 4>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |