FC2ブログ

CROSSROADS×Nagasaki  -クロスロード×長崎-

異国文化が交差した長崎を科学と情熱で探究

出島表門橋開通記念! みんなで学ぼう、オランダ 18 - 寄り道イギリス編(4) -

ウィリアム・アダムスはオランダのロッテルダムから東アジアへ向けての航海士として(誰かから)雇われています
そして、弟トマスと共に、5隻の船団でアジアへ向けて出港しました。

リーフデ号2
デ・リーフデ号と仲間たち
ちなみに、リーフデ号はこの船団の右下です。
ホープ号を旗艦として、リーフデ号・ヘローフ号・トラウ号・フライデ・ボートスハップ号の5隻です。しかし、この中でロッテルダムに帰還できたのは、太平洋にも到達できなかったヘローフ号だけでした。

この時、アダムスには妻とまだ小さな二人の子供がいましたが、この遠くてとても危険なアジア行を、なぜか優先させています(伏線1)。

詳細は以前書いたので避けますが、日本でのいわゆる「リーフデ号事件」で、あれほどイエズス会士が、「こいつらは我々の敵:プロテスタント国の船だから、乗組員をぶっ殺せ!」と家康に進言したにもかかわらず、逆にこの得体のしれないプロテスタントの紅毛人を重用したというのは、やはり不可思議です。

アダムスの技術供与などもあったでしょうが、のちに250石取りの旗本に取り立て、帯刀を許し、更には相模国逸見に采地も与えています。
どう考えても家康の気持ちが測りかねるというか・・・
定説に縛られず、より論理性の強い理由が必要であろうと思います

一体、リーフデ号1隻に何が積まれていたのでしょうか?

その時調べられた「積荷目録」をざっと見ておきましょう。

◆毛織物
◆ガラス玉少々
◆青銅の大型大砲19門
◆小型大砲数門
◆銃500挺
◆鉄製砲弾5000発
◆鏈弾300発
◆火薬2500㎏

◆鋼鉄製の胴と胸当て…などなど。

コレ、国立国会図書館にある、リーフデ号を調べた、オランダやイギリスの敵国のカトリック宣教師が書いた記録です。

「こいつら…日本を征服して、ここに住み着くつもりかっ?」とも。

これが、予め戦乱の世:日本の情報を得ていたエリザベス1世からの交易品、もしくは今後イギリスが貿易独占をするためのお試しプレゼントだったとすれば、そして、アダムスがこれらを無償で提供して大喜びされたとすれば、ある重要な意味を持ってきます

家康は大坂城にいたのですが、情報を得た後すぐに行って積荷を調べてくるよう命じます。
この時の積荷で、特に家康の目を惹いたのが、この「鋼鉄製の胴と胸当て」だったのです

ここでデ・リーフデ号がいわゆる「漂着」した日を西暦で確認しましょう。

1600年4月29日

ん? 1600年?・・・・・・・・・







まぁ、この頃までには殺傷能力の高い様々な種類の銃が使われていたのです。だから、銃弾に対する防備は生死に関わるので常に重要です。ただ、従来の日本の甲冑は機動力は高いですが、防弾を防ぐことがあまりできませんでした

直江兼続の甲冑
直江兼続 愛の甲冑

これに対し、西洋の騎士が身に着けている甲冑はどうでしょう。

全身を覆うプレートアーマー 1540年
プレートアーマー 1540年

日本の地形は複雑なので戦場では、より機能性の高さが求められますが、西洋の甲冑は丈夫だけど逆に重すぎて動けません。重量は高度な軽量化技術を使ったものでも最低20kg、重いものでは40kg以上あったらしいです。しかも超ムレますΣ(゚д゚|||)

日本人はここでもアイデアを炸裂させてます

この二つの利点を兼ね備えた甲冑を即座に開発しているのです。

それが、家康専用「南蛮胴具足」↓
南蛮胴具足 家康用
引用:和歌山市の文化財・遺跡 南蛮胴具足(徳川家康所用)

この合戦の様子を記した「関ヶ原御一戦記」という書物があります。
ここに、家康が「南蛮甲冑を着けて出陣した」という文が出てきます。この時の甲冑が和歌山県立博物館に残されているものです。

しかも、よく見ると分かりますが、弾痕が10か所あります。これは強度を測るための試し撃ちの跡だと言われています。家康の慎重な性格がよくわかりますね。鳴くまで待とう、なんとやら。
更に、鉄製の特殊なヘルメットで頭も守る。

つまりコレ、日本にかつてなかった「防弾チョッキ」の役割を果たすものなのです。そして、胴の中央とヘルメットは「しのぎ」と呼ばれる凸構造になっていて、これが物理的に弾丸を外方向へそらすように工夫が施されています

この甲冑の存在は一部の人間を除いて、そのすぐ後の戦いまで秘蔵されていますけどね…一部を除いては(近未来への伏線2.)。

つくづくと、日本人の高度なモノづくりへの飽くなき魂は、このような所でも感じられます

これがウィリアム・アダムスの重用とどうかかわってゆくのか。

そして、イギリスとは?オランダとは?

それは次回、お楽しみに~!

dejima_agin_rogo-3.png

<オランダ編>
出島表門橋開通記念! みんなで学ぼう、オランダ 1
出島表門橋開通記念! みんなで学ぼう、オランダ 2
出島表門橋開通記念! みんなで学ぼう、オランダ 3
出島表門橋開通記念! みんなで学ぼう、オランダ 4
出島表門橋開通記念! みんなで学ぼう、オランダ 5
出島表門橋開通記念! みんなで学ぼう、オランダ 5.5 ―科学と非科学の違いー
出島表門橋開通記念! みんなで学ぼう、オランダ 6
出島表門橋開通記念! みんなで学ぼう、オランダ 7
出島表門橋開通記念! みんなで学ぼう、オランダ 8
出島表門橋開通記念! みんなで学ぼう、オランダ 9 - アントウェルペン編(1) -
出島表門橋開通記念! みんなで学ぼう、オランダ 10 - オランダ独立(1) -
出島表門橋開通記念! みんなで学ぼう、オランダ 11 - オランダ独立(2) -
出島表門橋開通記念! みんなで学ぼう、オランダ 12 - オランダ独立(3) -
出島表門橋開通記念! みんなで学ぼう、オランダ 13 - オランダ独立(4) -
出島表門橋開通記念! みんなで学ぼう、オランダ 14 - 寄り道イギリス編(1) -
出島表門橋開通記念! みんなで学ぼう、オランダ 15 - 寄り道イギリス編(2) -
「ガリヴァー旅行記」に長崎が出てくるの、知ってました? イギリス編 外伝(1)
出島表門橋開通記念! みんなで学ぼう、オランダ 16 - アジアへ(1) -
出島表門橋開通記念! みんなで学ぼう、オランダ 17 - 寄り道イギリス編(3) -

<宗教改革編>
「みんなで学ぼう、世界史としてのキリスト教 1 - 宗教改革(1) -」
「みんなで学ぼう、世界史としてのキリスト教 2 - 宗教改革(2) -」
「みんなで学ぼう、世界史としてのキリスト教 3 - 宗教改革(3) -」
「みんなで学ぼう、世界史としてのキリスト教 4 - 宗教改革(4)前編最終回 -」

テーマ:歴史大好き! - ジャンル:学問・文化・芸術

オランダ関連 | コメント:0 |
<<出島表門橋開通記念! みんなで学ぼう、オランダ 19 - 寄り道イギリス編(5) - | ホーム | 出島表門橋開通記念! みんなで学ぼう、オランダ 17 - 寄り道イギリス編(3) ->>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |